納涼船を使用した俳句

納涼船に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

納涼船を含む俳句例

陸地皆黒き山塊納涼船/右城暮石

涼み舟川下遠く流れけり/正岡子規

業平の思ふ人あり涼み舟/正岡子規

納涼船纜疲れゐたりけり/飯島晴子

納涼舟解くや纜手探りに/西山泊雲

納涼舟駒形橋に来て点る/西本才子

涼みにも袖へ隠して運座舟/正岡子規

渡し守客のこぬまを涼み哉/正岡子規

大坂の芝居くさすや涼み舟/正岡子規

見渡した闇に月あり涼み舟/正岡子規

旅人の見て通りけり涼み船/正岡子規

釣舟につりあぐむ涼みかな/正岡子規

たまたまに花火あぐるや涼船/正岡子規

のりあげた舟に汐まつ涼み哉/正岡子規

一つ一つ流れ行きけり涼み舟/正岡子規

人降りし納涼船の灯を消さず/鈴木貞雄

大川へ田舟押し出すすゝみ哉/正岡子規

涼み舟団扇の風に帆をかけん/正岡子規

涼み舟団扇の端をぬらしけり/正岡子規

納涼船の速度の上のカレー店/鈴木鷹夫

俳句例:21句目~

海人の子や櫂もはづして夕涼/正岡子規

渦潮や燈にまみれたる納涼船/川崎展宏

誰やらの思ひものあり涼み舟/正岡子規

軽やかに舞ふ人見ゆる納涼舟/衛藤知香

ともし火の島かくれ行く涼み船/正岡子規

夏の夜やあの声はみなすゝみ舟/正岡子規

夏の夜やきく声はみなすゝみ舟/正岡子規

納涼舟母の手とればやはらかき/塚本久子

納涼船川波よせてきてついた/栗林一石路

草の葉まのあたり納涼船くる/栗林一石路

足伸へて不二をつゝくや涼み舟/正岡子規

納涼舟女橋男橋をくゞりけり/高橋淡路女

ちびっ子とポケモンの乗る納涼船/高澤良一

月の出るまてはしつかやすゝみ舟/正岡子規

納涼船夜目にもしるき水尾曳きて/薮脇晴美

納涼船消え易き燭をつぎにけり/楠目橙黄子

いろいろの灯ともす舟のすゞみ哉/正岡子規

納涼船灯の函となり沖掛る/岩崎健一「冬帽子」

タイトルとURLをコピーしました