床屋を使用した俳句

床屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

床屋を含む俳句例

浜の床屋の鏡の中に松葉菊/滝春一

鴬を飼ひて床屋の主人哉/夏目漱石

黄落や老舗床屋の回転灯/長田青蝉

春泥や酒屋床屋と相対ひ/西山泊雲

街道の夜長床屋に客ひとり/福田蓼汀

うらゝなる鏡に向ふ床屋かな/朱公子

煤逃や物識り博士ゐる床屋/山口通法

日除して漁港の端に女床屋/北野民夫

天高し瓦礫の町に床屋でき/川崎展宏

春泥に映る花屋と床屋かな/京極杞陽

暗き町やたまたま床屋氷店/正岡子規

木枯や村の床屋の捩りん棒/田中冬二

枯荵床屋が檐に枯れにけり/正岡子規

界隈の床屋の桃がまづ咲けり/原田喬

草花ノ鉢竝ベタル床屋カナ/正岡子規

二階までのびて床屋の藤の花/林康子

鉢植の南瓜をつくる床屋哉/正岡子規

錦絵を貼りし床屋が燈籠哉/会津八一

夏至曇街裏床屋に一客あり/北野民夫

万灯曳く先頭床屋の親爺に似/高澤良一

俳句例:21句目~

小銭袂に床屋へ春の夜の法師/河野静雲

春昼や村の床屋のヒヤシンス/田中冬二

石固き道にサボテン置く床屋/高橋沐石

床屋来てわが家の庭木剪定す/永田阿紀

ふるさとの床屋の棚の通り雨/大西泰世

こでまりや床屋の裏の文士邸/赤沼登喜男

シクラメン村の床屋は碁会所に/尾崎道草

下駄はいて夫は床屋へ日脚伸ぶ/石川宏子

今もなほ床屋と呼ばれ柿の花/大久保白村

堅雪や床屋の裏に来てしまふ/川村三千夫

秋祭り床屋はランプ消して居り/田中冬二

鮎漁のしるべも多摩の床屋かな/飯田蛇笏

床屋から出て来た貌の穴子かな/川崎展宏

みせばやを咲かせて村の床屋かな/古川芋蔓

床屋出てさてこれからの師走かな/辻貨物船

いまは床屋となりたる友の落葉の詩/寺山修司

ただならぬ風の景なり床屋にいて/柴崎草紅子

サーカスとキャンプは確保床屋の子/笠井百合彦

床屋の火鉢に陽があたり雪解さかれり/大橋裸木

エンゼル/フィッシュ床屋で眠る常識家/川崎展宏

俳句例:41句目~

床屋にあごすらせると/どこか遠い過去が走っていく/袴田たけし

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました