縫い針を使用した俳句

縫い針に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

縫い針を含む俳句例

七色の待針並べ縫初/岡田弘子

襦袢縫ふ待針赤く春隣/菖蒲あや

縫初の針箱母の玉手箱/鷹羽狩行

縫ぞめや堺の鋏京の針/高浜虚子

怠れど針は器用や縫始/富安風生

針箱に色糸満たし縫始/大橋鼠洞

すすき原傷縫ふ針を嚢中に/渋谷道

縫初めの針箱母の玉手箱/鷹羽狩行

針美し糸美しと春著縫ふ/穴井まき

縫初やわれ生涯の針子なる/大沢雪絵

春袷針目細かき縫ひはじめ/田中幸雪

縫初やいつもの如く胸に針/高橋路草

五色針糸の尾長う縫ひ初め/中村烏堂

前髪に磨ぐ縫針や一葉忌/馬場移公子

夕木蓮縫ひ納む針光らせて/中川千鶴

待針は花の如しや春著縫ふ/多田菜花

縫ふ事が姉の生甲斐針祭る/星/陽子

猪犬の傷十針ほど縫ひたると/茨木和生

鵜の瞼針で縫ふとは哀れなり/伊藤柏翠

縫ひ針に紬は強しほととぎす/八染藍子

俳句例:21句目~

縫針につやの戻りし鵙日和/大橋美知子

針山に針満たしめて春着縫ふ/朝倉和江

針攻めの仮縫をはる花ミモザ/朝倉和江

ふくよかな胸に針刺し縫始/龍神悠紀子

帆をあげて優しく使ふ帆縫針/三橋敏雄

骨針は春の上澄み縫ふによし/栗林千津

ネルを縫ふ針又折つてしまひけり/湯川雅

春着縫ふ針に燈火のうつろへる/田中冬二

縫ふ衣を針だらけにし青葉の夜/寺田京子

縫初のめでたき女針男針かな/高橋淡路女

寒菊や縫ひつつおとす針の錆/加藤知世子

鳥雲に縫針のまた折れる日よ/馬場移公子

しのび縫ひてふゆかしきを針起し/永井敦子

縫ひ初めや一気に裁ちて手馴針/藤田いづみ

虫なくや出しては縫はぬ針包/長谷川かな女

夏めくや縫針もてば愚痴しらず/谷本てる女

あきらめて縫ふ夜の針がひかるなり/藤木清子

縫ひすすむ針よりも衣ひゆる夜ぞ/橋本多佳子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました