蝿を使用した俳句

蝿に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

蝿を含む俳句例

蝿も移つてきてゐる/山頭火

分校の職員室の蝿叩/大隈草生

新鮮な卵の上の蝿叩/小路紫峡

雪信が蠅うち拂ふ硯かな/蕪村

僧堂の滅法長き蝿叩/森永杉洞

一匹の蠅一本の蝿叩/高浜虚子

天辻の山腹使ひや蝿叩/辻桃子

蝿叩とり彼一打我一打/高濱虚子

三尺の鯛や蝿飛ぶ台所/正岡子規

必殺を目論む妻の蝿叩/高澤良一

用ゐねば己れ長物蝿叩/高浜虚子

青蝿や大原近き牛の糞/赤木格堂

大仏殿蠅一匹の虚空かな/龍岡晋

蝿とんで野仏の顔動きしか/静塔

蠅ほどの物と思へど大師講/句空

蠅取のネジの音卓の上/喜谷六花

大仏殿蝿一匹の虚空かな/龍岡晋

充ち来たる蝿の頭脳や仮枕/耕衣

勝牛の肩肉震ひ蠅払ふ/奈良文夫

蝿のんで色変りけり蟇/高浜虚子

俳句例:21句目~

蝿打をのがるゝ蝿の命かな/澗李

十月や冷たき蝿の顔へ来る/古巌

金蝿も銀蝿も来よ鬱頭/飯島晴子

蝿生る共働きの遅夕餉/新島艶女

酒蔵に蝿の声きく暑かな/炭太祇

軍服の袖に蝿来て国境/藺草慶子

牧牛の幼き耳に蝿生れ/山口白甫

月蝕や蠅帳に母存命す/栗林千津

晴耕雨読ときどきの蝿叩/松本久

旧街道草津の宿の蝿叩/橋本榮治

蝿むれて昼は音なき磯家かな/一瓢

武士に蝿を追する御馬哉/小林一茶

蝿ひとつ夜深き薔薇に逡巡す/草城

蠅はじき怒る心よ手束弓/服部嵐雪

仏道に如意俳諧に蠅叩/成瀬正とし

信濃路や蝿にすはるる痩法師/許六

殺生の具として握る蝿叩/小林康治

蠅叩く術練達にまだ遠し/高澤良一

傘干せば集る蝿や菊枯るゝ/梅の門

僧正は護摩壇上や蠅の閑/野村喜舟

俳句例:41句目~

蠅や女まくらのころも箱根山/西望

うき人の旅にも習へ木曾の蝿/芭蕉

蝿はぢき怒る心よ手束弓/服部嵐雪

円高低いづれも重し蝿叩/河野南畦

鶏と寝間間じうす宿の蠅/富田木歩

鵜づかひの昼寝の床や蠅の声/史邦

硝子の新緑光今朝来た蠅/北原白秋

笠の蝿我より先へかけ入りぬ/一茶

爐塞ぐや疊に生る蝿一つ/岩木躑躅

蝿がゐて線香匂ふ部屋に通る/槐太

十里飛び来て山頂に蝿とまる/誓子

馬の蠅吹く谷風や心太/大谷碧雲居

蜘の巣や露冷かに蠅の羽/会津八一

馬の尾やをのが身につく蠅払/丸石

口論の真ん中にあり蝿叩/藤田湘子

古郷は蝿すら人をさしにけり/一茶

蠅とぶや烈風なぎし峠草/飯田蛇笏

塩に蠅延々生きる港まち/成田千空

顔につく飯粒蝿にあたへけり/嵐雪

蠅いとふ身を故郷に晝寢かな/蕪村

俳句例:61句目~

額の浪抜き手をうつや蠅の声/味鶴

夏木にも瓜蠅とべり峠畑/飯田蛇笏

蠅生れ戦車軍艦復た還る/石塚友二

音ひしと盤面をうつ蠅叩/飯田蛇笏

蝿除や恋はK点越えて来る/鷲田環

牛蠅と百姓修道院に入る/津田清子

睡足りて姑く蝿と相対す/尾崎紅葉

牛馬の尻並べけり蝿の中/正岡子規

大砂漠一匹の蝿音もなし/永井敬子

障子まで来る蝿もあり翁の日/暁台

天下茶屋蝿取紙の新しく/岸本尚毅

蝿と遊ぶ石の唐獅子磯祭/西東三鬼

獅子寐るや其唇に蠅の糞/幸田露伴

金蠅やあら銀蠅や老夫婦/鳴戸奈菜

金蝿やあら銀蝿や老夫婦/鳴戸奈菜

瓜蠅に露照る朝の蔬菜園/西島麥南

瓜蠅旱天の暾を愉しめる/西島麦南

屑繭に蠅たむろしぬ花葵/飯田蛇笏

海の宿深夜蝿出て生き生きと/昭彦

山の蠅一直線に飯に来る/藤岡筑邨

俳句例:81句目~

蝿生まる投込寺の闇の奥/並木緑之

蝿払ふ払子ふり~僧漫語/河野静雲

神聖な牛の額の蝿ほくろ/鷹羽狩行

訪客に又とぶ影や夜の蠅/飯田蛇笏

西安へ北京の蝿と空の旅/稲畑汀子

老眼鏡かけて研修蝿あるく/杉本寛

干鮎や颪はてたる蠅一つ/飯田蛇笏

蝿打つていさゝか穢す団扇哉/几菫

生創に蝿を集めて馬帰る/西東三鬼

生創に蠅を集めて馬帰る/西東三鬼

蝿と来て蝿と戻りし売女/山口三津

蝿帳に古漬その他母の昼/草間時彦

悠々と厨飛翔の蠅ひとつ/相馬遷子

蠅生る磯長の國の磯歩き/高澤良一

草むらや蝿取蜘の身づくろひ/史邦

ペンに倦む心遊ばす蠅叩/吉屋信子

苦しさや笹葉掛け行く牛の蠅/九節

蝿失せぬ燈台までの赫き崖/杉本寛

蠅打の音の曇りの畳かな/野村喜舟

我心蝿一匹に狂はんとす/正岡子規

タイトルとURLをコピーしました