崖を使用した俳句

崖に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

崖を含む俳句例

崖崩す水の鉾先梅匂ふ/原裕

灯台へ心崖なす日の盛/原裕

冬日向なり崖の縞模様/中田剛

崖路行寺の背や松の藤/炭太祇

崖に出て万歳の鼓引き返す/稚

石崖の間の道や花曇/野村泊月

囀の一方欠けし崖の先/松澤昭

夕桜城の石崖裾濃なる/草田男

崖草は空へ綯はるる野分波/林翔

崖歯朶に斑の夕日柴盗む/徳弘純

鶯や石崖に手をかけしとき/林徹

永き日の崖の皺または襞/中田剛

崖上に墓その崖の霜柱/茨木和生

探梅や崖の上より石叩/岸本尚毅

葎のみ茂り戦跡崖残す/北野民夫

懐手東尋坊の崖に立つ/森永美保

島の崖一つ紅さす鰯雲/久米正雄

人恋し崖の縁まで芒原/花尻万博

春動く魔性離れし崖氷柱/松本進

潮照るや万の莟を崖椿/細川加賀

俳句例:21句目~

濁流の崖の上なる春祭/中嶋鬼谷

夜焚火に金色の崖峙てり/秋櫻子

神業の柱状節理崖紅葉/高澤良一

崖道を氷室へはこぶ氷哉/正岡子規

水の音聞きに筍崖に出し/茨木和生

風葬の崖底知れぬ朧かな/岡田久慧

切崖に雪解虹立つ最上峡/岩瀬木蘭

切崖を落ちる土くれ春惜む/辻桃子

青崖ト愚庵芭蕉ト蘇鐡哉/正岡子規

昼寝覚崖の上径人往かず/林原耒井

崖藤や国道往来仰ぐもの/野村喜舟

お花畑崩落谷の崖に切れ/福田蓼汀

滴りの崖にゆるみし命綱/菅原文子

滝の風崖の熊笹駆け昇る/坂部正登

崖昇る気流に鷹の立泳ぐ/高井北杜

湯の神の崖に日当る烏瓜/三木照恵

旬日を一日のごと崖氷る/下村槐太

崖までの枕木にして冬の草/中田剛

鉄壁と思ひし崖の芽吹きをり/林翔

野薊や朱の痕残す摩崖仏/細井房俊

俳句例:41句目~

浜菊や親潮崖に砕け散る/四條好雄

耕して崖に出る村野水仙/宮田正和

翅開き荒鵜冬来る崖歩む/西村公鳳

流氷を見る吾のみの崖の風/有働亨

崖上に月見る聲や五六人/正岡子規

恵方なる一面の火の崖椿/井沢正江

崖上の耕馬に海の裸の日/友岡子郷

崖上る月の歩みや夜は靜/正岡子規

崖土ほろほろ菫ぬいてる/北原白秋

裏崖やたゝら~と雪解水/野村泊月

崖崩えに径落されし菌山/茨木和生

高館の崖のもろさよ花菫/沢木欣一

武藏野を見下す崖や花芒/正岡子規

月明の蚊帳吊草の下は崖/岸本尚毅

落石があり短日の寺の崖/茨木和生

蜩やわが影崖に折れ曲り/加藤楸邨

崖椿鶏愕きて屋根へ飛ぶ/福田蓼汀

土膚の秋親しくも山の崖/飯田蛇笏

ひとり来て仏の正月崖荒し/源鬼彦

鵜の崖に鵜の影もなし葉月潮/蕪城

俳句例:61句目~

藤垂れて深夜崖なす白襖/栗生純夫

むらきもの暴走死から崖櫻/竹中宏

崖端をひとりが覗けば花の山/野坡

夏燕硝石にほふ海の崖/中村草田男

崖紅葉して祖谷紅葉谷づくし/原裕

薫風も敗者の旗も崖の上/対馬康子

薇の崖に繁れる生家なり/茨木和生

櫻咲き囚人赭き崖けづる/横山白虹

夕月や上に城ある崖の下/正岡子規

秋風やちさき電柱崖の上/香西照雄

秋旱磯蟹の棲む崖の穴/藤田あけ烏

一崖に初音初蝶観世音/大岳水一路

木苺の崖の下径札所みち/石塚友二

葛の花崖にたつもの白波と/中田剛

葛の崖笠置の山は上に在りと/年尾

中世は崖ぎはに塔玉葱穫り/竹中宏

崖肌に痛みのごとく蛇苺/吉永幸司

蛇苺崖に張りつく大師道/大野紫陽

崖腹に鶯の啼く干潟かな/鈴木花蓑

寒椿落ちて崖うつ怒濤音/河本好恵

俳句例:81句目~

直角な崖を夏蝶吹き上がる/源鬼彦

少年に夜の崖蒼し鬼やらひ/岡本眸

皿山の白崩崖けぶる霞空/石原八束

崖氷柱太陽もいま氷の類/辻田克巳

仏法僧背中に重く摩崖仏/綿引/明

山百合の崖も立待岬かな/渡部蛍村

峭崖や一枝一花の朴匂ふ/山口草堂

元朝の朱唇かがやく摩崖仏/穴井太

松蝉や葬家が聳ゆ崖の上/吉田鴻司

大夕焼鳶影落とす崖の果/小島昭子

冬入日松の根崖にとりすがり/林翔

崖泉玉とたばしる太郎杉/巌谷小波

畑打や崖の下なる海の音/藤井紫影

産声や崖のきはまで月の草/秦夕美

戒壇院裏の崖なる穴施行/茨木和生

崖草に月光とほる蛇の衣/石原舟月

崖にして傾くものや山桜/尾崎迷堂

崖に立つ母の羽交の晩夏光/徳弘純

駒鳥や崖をしたたる露の色/加藤楸邨

風荒く崖の一樹の巣立鳥/志村喜久女

タイトルとURLをコピーしました