漂うを使用した俳句

漂うに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

漂うを含む俳句例

昼の月漂ふ空や返り花/梅史

都鳥漂ふ波に情あり/森田桃村

初花の辛夷月夜を漂へり/林翔

胸中の無疵の牡丹漂へり/照敏

白波と春日漂ふ荒れ岬/桂信子

箱眼鏡私の行方漂える/秋尾敏

母の背へ庭木春色漂はす/原裕

湖の精か白鳥漂へる/山本歩禅

漂へるごとくに露の捨箒/風生

雪蛍漂ひ鬼の雪隠よ/堀井英子

残花漂流山櫻又山櫻/黒田杏子

濁流に機雷漂ひ秋暑し/佐藤春夫

夏掛を一枚抱え漂流中/高澤良一

漂へる蝶々黄なり秋祭/前田普羅

山蟻や緑漂ふ五千畳/島村元句集

土用浪暫し泡沫漂はせ/高澤良一

春雪の浮び漂ふ芦の池/高濱年尾

漂へるものと遊びて鳰/大石悦子

漂着の平家供養の盆踊/山口誓子

秋蝶と漂ひ越すも一峠/小林康治

俳句例:21句目~

夕凪の硫黄漂ふ雲仙岳/岡部幸子

畑中の西瓜漂着せし如し/大串章

漂うて青き小国薄氷/金箱戈止夫

忍冬一連風に漂へる/今井つる女

恐山湖に漂ふ精霊舟/津村浅次郎

棹さすは漂ふに似て水の秋/林翔

盆梅の漂ふ香り人の来し/梅林清

絶海の漂流壜の歳月よ/三橋敏雄

玉霰漂母が鍋をみだれうつ/蕪村

爽秋の波に漂ひ沖の島/石塚友二

寒食の壕に漂ふ鴎かな/会津八一

方舟で万緑の梢漂わん/中島斌雄

高熱の鶴青空に漂へり/日野草城

青天に朝より凧を漂はす/大串章

正月の凧裏窓に漂へり/風間加代

五月六月星に漂う掃海艇/穴井太

漂へる板子の上の落椿/野村泊月

芦焼の水に蓬が漂うて/山西雅子

冬麗や汐に漂ふ松ぼくり/真砂女

綿虫の漂ふ月日風鶴忌/小林康治

俳句例:41句目~

日盛や漂流物の中に櫛/夏井いつき

島ながら身は漂ふや四方卯浪/林翔

春浅き六区の海を漂流す/石村与志

漂へる繭雲いくつ神の旅/吉田速水

年の市白髪の母漂へる/山田みづえ

椿咲く岬にのこる漂流記/金子九九

漂うとき紫式部切にあり/阿部完市

漂へる石工一団麒麟草/水野真由美

浅蜊蛤おんなじに漂へる/福原一子

槲林の明るい卓の漂養食器/瀧春樹

樂想を失ひ手毬唄漂ふ/池内友次郎

日雀鳴き阿武隈山系漂はす/松本進

模造鴨並び漂ふ猟名残/長谷川草洲

春の闇漂ひそめし展望車/原田青児

漂へる水母の笠に葵の紋/品川鈴子

漂へる春蚊に昏き伎楽面/有馬籌子

山脈に漂着したる哺乳壜/遠藤進夫

水鳥の漂ふは抗ふことと/田中櫻子

桜の園世に漂着せし思ひ/齋藤愼爾

晩年に似て綿虫の漂へる/福田蓼汀

俳句例:61句目~

歌膝をして漂ふや秋の暮/宮津昭彦

月明の快楽の海に漂へり/室岡純子

黄葉山谷間漂ふ霧も黄に/高澤良一

漂ふに似て早梅の地上かな/斎藤玄

漂ふは古典か春の潮騒か/佐藤春夫

花火屑幾日か漂うてをり/山西雅子

残菊の淡き香や漂はず/相生垣瓜人

六月の鶏鳴母に漂へり/磯貝碧蹄館

円光を着て漂ひの浮寝鳥/赤井淳子

霖に漂ひ咲ける牡丹かな/増田龍雨

冬山の襞に漂ふ嵐気かな/西山泊雲

速吸の潮外れ水母漂へる/津田清子

霜除の藁の匂ひを漂はせ/大森康生

漂ひて野分の蝶の腋暗し/小林康治

芒原身を漂はせ雲に乗る/朝倉和子

漂ふと見えて白火相寄らず/渡辺昭

霧に寝て夢に漂ふ後の月/堀口星眠

身一つの漂ひ歩く旱かな/山内山彦

漂ひて湖心へ流れ春の鴨/黒田杏子

枯山に汽笛漂ふ他郷かな/大堀恒春

俳句例:81句目~

吾が骸漂ふを見る寒夕焼/古市絵未

枯真菰漂うてゐて芽吹きけり/岸朗

綿虫と漂ひ年を越えゐしや/塘柊風

身の内を漂ふ夜の雪解川/篠崎杏二

韓信の漂母と語る蚊遣哉/寺田寅彦

垣幾列風に漂ふ水すまし/宮坂静生

鯊釣や友舟とほき澪漂/水原秋桜子

赤糸も湯に漂ひぬ柚子袋/鈴木鷹夫

草の絮漂ふビール祭終ヘ/関森勝夫

誤って桃花の海に漂えり/岡あきら

漂ひて水子詣りの白日傘/荒井正隆

深息や大綿を辺に漂はす/加藤楸邨

漂う樹春の塒を懸けられて/澁谷道

夜光虫古鏡の如く漂へる/杉田久女

硯の陸風蘭の香は漂うか/赤尾兜子

夜濯や逆光の母漂へり/藤村多加夫

水仙や暮色漂ふて鯉動く/飯田蛇笏

大年の机上さながら海漂ふ/松澤昭

漂ふて花火の煙の大海月/高澤良一

漂々と筋書のなき年迎ふ/柴田白陽

タイトルとURLをコピーしました