一夜を使用した俳句

一夜に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一夜を含む俳句例

鵲の長柄もかけよ星一夜/太魯

千両や一夜の雪に寺の変/澄雄

菜の花の盛に一夜啼田螺/曾良

凩や天狗が築く一夜塔/泉鏡花

百姓のしぼる油や一夜酒/其角

蚊の声の一隅燈す一夜庵/原裕

引鴨に一夜の雪や前白根/湘子

思ひ出となるべき秋の一夜かな

御仏に昼供へけり一夜酒/蕪村

一夜にて呆けし街や初鴉/中里結

一夜来て泣友にせん鳰の床/風国

初蝶の一夜寝にけり犬の椀/一茶

焼つりの一夜に直る青田哉/一茶

彼岸前寒さも一夜二夜かな/路通

辛崎の一夜の雨や杜宇/井上井月

笹の葉の露にも星の一夜哉/亀友

凩の一夜に山の色奪ふ/宇川紫鳥

猪の血抜の一夜音やまず/小澤實

月雪や旅寐かさねて年一夜/白雄

木槿にも松にも露の一夜哉/米園

俳句例:21句目~

北の旅一夜の宿の石狩鍋/塙きく

白萩へ一夜泊りの障子かな/展宏

松に鳴く蝉松に泊つ一夜庵/原裕

一夜酒隣の子迄来たりけり/一茶

山崎の使は遅し一夜鮓/大塚甲山

袖垣の朝顔大破一夜風/高澤良一

川祭一夜城址を遠景に/近藤一鴻

一夜づゝ淋しさ替る時雨哉/巴人

髪剃や一夜に錆びて五月雨/凡兆

唐崎の一夜の雨や杜宇/井上井月

境内や杉風に売る一夜酒/吉田冬葉

風一夜天草浮いて生口島/高澤良一

一夜さの雨の重たさ寒椿/矢島房利

風鈴や一夜嵐に音を絶し/野村喜舟

うそ寒や蚯蚓の唄も一夜づつ/一茶

うそ寒や蚯蚓の歌も一夜づつ/一茶

一夜づゝ闇になり行く踊かな/李収

芍薬の蕾一夜に膨らみぬ/中沢北峰

貧の宿一夜鯊焼く頻なり/尾崎紅葉

諸行無常茶釜は一夜狸なり/中勘助

俳句例:41句目~

緞通と一緒に届く千一夜/櫂未知子

笹山の一夜あれしか小鳥飛ぶ/宇橋

一夜一尺今年竹伸び盛り/辻田克巳

碪打て我にきかせよや坊が妻/芭蕉

夢いくつ一夜に重ね覚めて秋/林翔

新婚の一夜泊りて今年鵙/和知喜八

断水や水甕古き一夜を得/栗生純夫

蝕月に泉都の一夜松の内/宮武寒々

下り鮎待つや一夜の深曇/中島ふき

女王花とは千一夜物語/粟津松彩子

一夜庵讃岐に残り宗鑑忌/河野美奇

薑に梅酢色づく一夜かな/松瀬青々

温酒一夜一夜と親しめり/高木晴子

流氷の一夜に逃げて月澄ます/泰史

一夜経しものに二日の潦/辻田克巳

一夜被て一夜の情踊笠/後藤比奈夫

寒ゆるぶ一夜の靄や山廂/西島麥南

一泊し一夜の量の落椿/小内春邑子

落鮎や一夜高瀬の波の音/立花北枝

寒ゆるぶ一夜の靄や山廂/西島麦南

俳句例:61句目~

冠の紐焼く春の一夜かな/飯田蛇笏

菜の花の盛りに一夜啼く田螺/一茶

寒鮒の一夜の生に水にごる/桂信子

草庵の夏や常世の一夜鮓/尾崎紅葉

山中に一夜の宿り白桔梗/野澤節子

茶屋村の一夜に山来し花の山/一茶

雷の一夜破れし芭蕉かな/会津八一

雷鳴の一夜のあとの紅蜀葵/井上雪

花冷の一夜を伊賀の旅衣/岩崎照子

一夜さに桜はさゝらほさら哉/一茶

山寺の一夜の宿の置炬燵/外園タミ女

降とのみおもひし春も一夜かな/移竹

門松やおもへば一夜三十年/松尾芭蕉

明け易き一夜一夜の茄子漬/鈴木花蓑

鉄と石柔らげ首都の雪一夜/福田蓼汀

踊りつぐ三十一夜城の燈に/近藤一鴻

諏訪の湖一夜鳴りゐて氷橋/新村千博

談山社詣で木蔭の一夜酒/小坂部佳代

行暮れて鹿なく里に一夜哉/寺田寅彦

古里に一夜明けたり露すゞし/上村占

俳句例:81句目~

蟇交る一夜あまたの夏柑落つ/中拓夫

蟇のこゑ一夜鉄塊より重し/目迫秩父

旅一夜蜜柑の花を枕辺に/山口波津女

そよやそよ昨日の風体一夜の春/宗因

蛍火の一夜二夜を妻と経し/河野南畦

山焼の一夜の紅蓮奈良に雪/野澤節子

味噌つくる余り麹や一夜酒/正岡子規

蕗味噌や山は一夜の雪被り/田中裕明

蕗味噌や出は一夜の雪被り/田中裕明

めでたさや星の一夜も蕣も/山口素堂

山萩の一夜もありし放浪記/片山辰水

葛原や一夜の霜の葉を焦す/石川桂郎

萩原や一夜はやどせ山の犬/松尾芭蕉

喰て寝てことしも今よひ一夜哉/一茶

菊膾淡き一夜の人なりし/佐藤惣之助

国栖奏やげに白妙の一夜酒/大橋敦子

若竹や一夜々々のちから草/水田正秀

花菖蒲一夜の客の朝の膳/大谷碧雲居

夏一夜月蝕ドラマ始まりぬ/大橋淑子

花一夜城も一夜に亡びしか/近藤一鴻

タイトルとURLをコピーしました