帯締を使用した俳句

帯締に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

帯締を含む俳句例

帯締めて雨に額づく針祭/名取里美

錆鮎に坐し帯締の一文字/野澤節子

阿波踊盲導犬も帯締めて/福島吉美

三伏やきりり帯締む心意気/菅生一文

博多帯締めて叩いて炎天へ/森たけ子

涼しさや新刊本も帯締めて/鈴木恭子

白露や死んでゆく日も帯締めて/鷹女

紅の帯じめ川床に鎮座まし/檜山火山

初髪を結うて形見の帯締めて/黒川悦子

夏痩せて帯締まりよき紺献上/野澤節子

帯締めて春の霰のたけなはに/岸本尚毅

帯締めて春著の自在裾に得し/野澤節子

帯締めのきりりと決まり夏燕/丸喜久枝

帯締めを群青にきめ花を見に/伊藤敬子

結納の娘の帯締むる笹子鳴く/伊東宏晃

身を立つる芸の夏帯締め直す/影島智子

きつく帯締め寒菊に目を戻す/倉田賀代女

啓蟄や絵巻のやうに帯締めて/窪田せつ子

帯締むるは舟きしむ音雪降れり/本塩義子

帯締むるまでの視点に冬の樫/神尾久美子

俳句例:21句目~

帯締を選る灯あかりも松の内/古賀まり子

木犀に帯締めながら目をやりぬ/星野立子

紅梅や母の手織りの帯締めて/中土井重子

ひらふらとかみそり色の帯締めて/松本恭子

ゆるやかに絽の帯締めて梨園の妻/内田幸子

ゑんどうの花海女の群帯締めて/殿村莵絲子

帯締めて貰ひしかたさ女正月/阿部みどり女

馬いろの帯締めアフリカ音楽会/関戸美智子

帯締むやあはあは薄き四囲の枯れ/河野多希女

帯締めし身の夏足袋を穿かんとす/山口波津女

タイトルとURLをコピーしました