腕/かいなを使用した俳句

腕/かいなに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

腕/かいなを含む俳句例

更衣百歳の腕通したる/大串章

勤行に腕の胼やうす衣/炭太祇

腕組める女は暗し竹落葉/原裕

傾城に腕見せけり角力取/松花

楠や大枯藤を腕掛に/河野静雲

二の腕の倖せ肥り更衣/谷泰子

振袖の白き腕や弓始め/吉田喜美

秋日傘風と腕くむ女あり/森慎一

鷹渡る半島巨き腕なす/高澤良一

鳥渡る腕のつけねの太欅/渋谷道

鯨捕り黒き腕に夏羽織/前田普羅

隻腕の風船売よ望郷よ/大庭紫逢

羅に着痩の腕通しけり/百瀬美津

片陰の窓に出てゐる腕かな/槐太

手枕の腕三角に秋の風/近藤一鴻

金掬ひ昔餓鬼大将の腕/岡崎玲子

櫻濃き三角巾の中の腕/綾部仁喜

十一面観音の腕長き雪/石原八束

昼の虫牧夫無聊の腕を組む/沢聰

帆走の日焼の腕献血す/吉田節子

俳句例:21句目~

蟷螂の小肱とらん今日の月/酒堂

更衣二八娘の腕眩し/加藤佐栄子

やせ腕や三千石の弓始/正岡子規

水兵の腕の刺青小六月/楠本莞爾

海雲売る娘の腕の金時計/堤魄黎

春風や仁王の腕の馬の沓/正岡子規

胸に組む懐旧の腕囀れり/桂樟蹊子

原爆忌腕鈴なりの電車過ぐ/隈治人

白茅刈る兄の太腕盆支度/堀口星眠

火鉢に恁つた白い腕の憂/喜谷六花

肌寒や絹の長袖腕に添ふ/村井明代

夏炉焚く島の女の腕太く/田村恵子

二の腕まである手甲蓴採/平川秋帆

夕涼君鯉を切る腕まくり/正岡子規

天瓜粉子らに痩せ腕太肉/水原春郎

太陽へ海女の太腕鮑さげ/西東三鬼

如意輪の秋思に放恣なる腕/稲岡長

細腕に花の重さを釣鐘草/杉山青風

桜桃もぐ腕の下や最上川/三宅句生

明易き腕ふと潮匂ある/中塚一碧樓

俳句例:41句目~

かの腕地に還りては立葵/和田悟朗

河童忌の白き腕に葡萄糖/攝津幸彦

仲秋や銀の腕輪が腕締めて/辻桃子

山吹や腕さし込で折にけり/炭太祇

新涼や人の歩みの腕振つて/小島健

働かぬ腕の重さや松納/白岩てい子

脇息に薫風細き腕を吹く/正岡子規

腕たてふせ百回の罰月見草/竹中宏

腕ふと潮のにほひ天の川/渡辺紀子

腕太き神がうしろに春の淵/渋谷道

さしのべて白き腕や杜若/野村泊月

腕捲りして畳屋の春火鉢/安田守男

腕細き働き盛り花ざかり/高澤晶子

腕組んで眠る女や敗戦忌/渡辺夏紀

腰太く腕太く春の水をのむ/桂信子

花野ゆく両の腕を翼とし/西平信義

蜘蛛の糸腕にながれ夕参/飯島晴子

簪にかはづの小腕おさへたり/曉台

螢火を追ひつゝ腕失へり/攝津幸彦

衣更へて腕の裏側やはらかし/林翔

俳句例:61句目~

誰に似し群像の腕秋入日/対馬康子

炭焼の労に腕貸す棒秤/百合山羽公

銀漢に外寝の腕高く伸べ/福井圭児

競漕や腕の太さのほぼ揃ひ/河本和

鎚腕に齢はとらじ鍛冶初/藤木紫風

露月忌や腕に残る痘の痕/皆川白陀

青嵐骨骼標本腕を垂る/下坂富美子

青首の大根ソクラテスの腕/石寒太

頼もしき母の二の腕更衣/香西照雄

魂も乳房も秋は腕の中/宇多喜代子

春の昼病者窓より腕を垂れ/徳弘純

春陰や腕を欠きし怒髪天/小松初枝

胸熱く市民おおかた腕を組み/三谷昭

肩幅をおぼえし腕よ夏の月/谷口桂子

泳ぎし腕水平に伸べ光走り/香西照雄

泥に腕突きさし倒れ蓮根掘/牧野春駒

老婆掘る蓮より細き腕して/羽部洞然

老い覚ゆ金柑もぎし腕より/岡野小甫

牡丹見る縮緬皺の腕組んで/湊楊一郎

梅雨寒の腕撫でて肘につき当る/林翔

俳句例:81句目~

細腕の女の禰宜の除夜太鼓/樫村陽子

亡き父の時計を腕に大試験/福家市子

牛売りの牛撫でて待つ腕に雪/飴山實

きほへども身は蟷螂の痩腕/正岡子規

きり~す鳴くや雨夜の腕枕/井上井月

紅葉折て腕たしかむる男哉/正岡子規

糊効きし袖より腕あらひ鯛/鈴木鷹夫

壁の服みな腕垂れて啄木忌/齋藤朗笛

牛くさき腕のこの脈敬老日/三嶋隆英

桜の木抱きて腕冷ゆるかな/柿本多映

たくましき僧の腕や汗手貫/高濱年尾

深く妻の腕をのめり炭俵/能村登四郎

夕桜無数の墓石腕のごとし/大井雅人

春灯や征途を明日に腕角力/椎橋清翠

昼寝して腕むっちり如来肌/高澤良一

ひよんどり笛の男の腕の節/井村経郷

爐灰かく白き腕みせ生身魂/如月真菜

ひろげたる腕は一尋初御空/手塚美佐

初夏や腕に時計のない日曜/菖蒲あや

突然に腕掴まるる雲の峰/和田耕三郎

タイトルとURLをコピーしました