銀河/銀漢を使用した俳句

銀河/銀漢に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

銀河/銀漢を含む俳句例

銀漢や兄弟多き曲馬団/日原傳

銀漢や齢の中に戦の日/岡本眸

銀漢や野山の氷相さやり/窓秋

銀漢や二十年前一兵士/相馬遷子

月入て闇にもなさず銀河/炭太祇

心太さかしまに銀河三千尺/蕪村

冬銀河出自は平氏後不詳/妹尾健

花火果て銀河に戻る墨田川/春樹

菊河に公家衆泊めけり銀河/蕪村

初秋や蚊屋に透き来る銀河/嘯山

甲板に寝て銀漢を胸の上/奈良文夫

銀漢や応召の日の覚悟成る/瀧春一

大銀河生死は星の一瑣末/吉本和子

銀漢の銀の荒粒持ち帰る/伊藤敬子

寝袋に体温満ちぬ冬銀河/小川軽舟

狼が空に来てゐる冬銀河/石原八束

太古より銀河を支ふ円柱/品川鈴子

山中に銀河を語る大銀河/中島斌雄

柊は銀河の砂の花こぼす/大木石子

中空に銀河放てり奥穂高/渡辺立男

俳句例:21句目~

永遠と宇宙を信じ冬銀河/高屋窓秋

梁のどこか爆ぜゐし冬銀河/島青櫻

梅干すや銀河も薄埃がちか/志摩聰

銀漢や僧衣の裾の闇暑し/小林康治

銀漢や安房の湊に土佐の舟/大串章

銀漢に外寝の腕高く伸べ/福井圭児

妻炊ぐ頭上に銀河島暮し/村松紅花

仏法僧高速道は地の銀河/大木石子

檜苗銀河を父として育つ/橋本鶏二

湖心にて銀河に近む櫂の音/大串章

高原の銀河は低し夜の散歩/塙告冬

銀河天に高張立てし水の番/泉鏡花

朗朗と銀河を笑う漢かな/江里昭彦

頂上は銀河に近し母に近し/西尾苑

銀漢や原子力発電所無音/奥坂まや

誕生日昏き銀河へ機銃音/中島斌男

夏銀河火山裾より闇育つ/野澤節子

冬銀河軋む扉を開け放つ/前田秀子

冬銀河魂炎反応始まりぬ/久冨風子

電力地帯煌々の灯に銀河懸く/林翔

俳句例:41句目~

銀漢や少し坂なす社宅街/遠藤梧逸

燈台の遠き燈加へ冬銀河/坂本文子

銀漢の尾を垂れにけり島泊り/敏郎

芋の葉の露や銀河のこぼれ水/自笑

水芭蕉昼の銀河はみづいろに/林桂

銀河濃し水の宅急便届く/浦川聡子

冬銀河激せば黙すわが性よ/妹尾健

銀漢の果てまで送りゆき戻る/長田等

銀漢の奥のさみしき人通り/鳴戸奈菜

山小屋の荒粒銀河閉めて寝る/堀内薫

山暗く銀河湖心に墜んとす/福田蓼汀

岬の夜渡る銀河と煙草の火/対馬康子

銀河濃し行先残る切符捨つ/津田清子

岳阻み銀河逆流せんばかり/福田蓼汀

犀は角見ながら育つ冬銀河/大石雄鬼

不知火を待つ銀漢の鮮かに/渡辺安山

機関音恋めき遡る冬銀河/平井さち子

銀河濃し枕に頬を埋め寝る/星野立子

牛肉の赤いまだらの銀河糸/対馬康子

銀河濃し故郷の海匂ひ来る/角南旦山

俳句例:61句目~

銀河濃し幼き声の野に透る/老川敏彦

庭浅くあふるる井戸や銀河/会津八一

銀河立つ佃に晦き舟だまり/古舘曹人

今も待つ銀河へ船出せし人を/上村占

此頃の銀河や落てそばの花/松岡青蘿

銀河濃き草中の路は会ひぬ/原田種茅

銀漢や死すれば踰ゆるいろは坂/春樹

僧と見し比叡の銀河凄じき/伊藤柏翠

再びは生れ来ぬ世か冬銀河/細見綾子

窓に銀河妻ならぬ人おもひ寐る/占魚

海越えて来る曲馬団銀河濃し/森田峠

冬銀河かぶり平和へ道一本/城取信平

冬銀河けぶる左右に女弟子/中島斌雄

銀河澄む墨東の夜の娼婦街/西島麦南

銀河曼陀羅かけ荘厳す聖岳/福田蓼汀

満載の橇に銀漢尾を垂れつ/栗生純夫

冬銀河ほろと男根垂らしたり/糸大八

人間は生きよと銀河流れをり/上野泰

眠りゆく冬の銀河の片側に/野澤節子

甲板の足もと暗く銀河濃し/柴田道人

俳句例:81句目~

夜光虫燃え天上に銀河濃く/木村蕪城

夜歩きの名残銀漢烟りけり/中島月笠

冬銀河垂れて狼ほろびの地/橋本榮治

風が鳴る銀河へ船の鐵梯子/中島斌男

冬銀河姥子はひとり来べき宿/及川貞

銀漢や放馬にまじる牛一つ/橋本鶏二

冬銀河山影かむる陶の町/柴田白葉女

銀河低し再び卯ぎ見し時も/細見綾子

冬銀河息吹きかけて眼鏡拭く/平野博

火の山の上に消えをり冬銀河/上村占

面上の星はいのち火冬銀河/井沢正江

銀座銀河銀河銀座東京廃墟/三橋敏雄

金属のスクスク育つ冬銀河/三浦北曲

冬銀河歳月をもて測る距離/辻美奈子

大銀河量感ひたと頬に濃し/大野紫陽

冬銀河畑菜の青を感じつつ/佐野良太

旅人に濃し港外の銀河の尾/羽部洞然

明々と身のうち通る冬銀河/北詰雁人

大阪に探す銀河も別離以後/後藤綾子

複道や銀河に近き灯の通ひ/子規句集

タイトルとURLをコピーしました