話すを使用した俳句

話すに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

話すを含む俳句例

子烏に話す声らし母烏/高木晴子

梵妻と立話して冬紅葉/松田美子

寝話しの親子兄妹二月尽/瀧春一

鳥雲に舷を寄せ話しをり/里見梢

小声もて遥かと話す夏花摘/岡本眸

栗燒てしづかに話す夕哉/正岡子規

乾鮭を提げて話すや風の中/原月舟

道に出て二階と話す寒日和/岡本眸

山蟻をつまみ佛の話する/石川文子

恵方道故里人と話しつれ/富安風生

警官と話し砂浜ふぐの腹/駒志津子

戦争中はと話し出す草の餅/岡本眸

虫賣と鬼灯賣と話しけり/正岡子規

顔見えぬまで話し居り秋の暮/篠原

蒲筵長しと思ひつつ話す/高野素十

顔の長い女と話す蛙の夜/工藤克巳

短日の話せば長くなる話/藤崎幸恵

数の子を噛む恐竜の話して/笠/学

月見草話しゐて人遠きかな/岡本眸

仏工に僧来て話す股火鉢/河野静雲

俳句例:21句目~

机二つ盆梅を隔てゝ話す/正岡子規

青桐にかんばせ青く話しをり/唐袂

盜み出す女と話す団扇哉/正岡子規

松明に人話し行く夜寒哉/正岡子規

出番待つ馬話し合ふ村芝居/桂信子

初夢を話しゐる間に忘れけり/立子

烏瓜一部始終を話してよ/森田緑郎

判り易く話す御仁や衣被/高澤良一

君と共に發句話さん事始/正岡子規

車座の何を話せる街の秋/遠藤梧逸

柿山に柿たべ柿の話する/辻田克巳

囀に人聲低く話しをり/池内友次郎

父子草母子草その話せん/高野素十

鮟鱇を煮て面白き話せん/清水基吉

女居て見えぬ茶摘と話しをり/京童

話し外れ戻りて朋の夏館/高澤良一

髭で話すよ舟虫が舟虫に/辻田克巳

一群は庭に話すや草の露/正岡子規

下男下女胼皹を話し居る/岡村三鼠

納豆賣新聞賣と話しけり/正岡子規

俳句例:41句目~

秋深きことにこと寄せ話すかな/立子

話さへかぐはしくなる鮎合せ/飴山實

火と話し水と話して冬ごもり/岡本眸

蜆売り少し話して少し買ひ/遠藤善蔵

忘年や話せば長きことながら/桂信子

或時は虫に耳貸しつゝ話す/高木晴子

虫の夜の句の話して心足り/西村和子

摘草や話して聞かす草双紙/野村喜舟

葭切や鍵屋の内儀話し好き/稲畑汀子

新茶撰る僧と話すや小百姓/正岡子規

日本語をひたと話すや冬苺/小池文子

まてば椎拾ひ園丁話し好き/谷口和子

舟と岸と話して居る日永哉/正岡子規

櫛挽と木こりと話す日永哉/正岡子規

緑陰に話して遠くなりし人/矢島渚男

汗し話す笑ひて憎し髭の口/桜井博道

秋扇何から話すこととせん/高木晴子

盆用意姿なき子に話しかけ/福田蓼汀

百千鳥人間もまた話し好き/塩川雄三

昼寐人を遠ざかり居て話しけり/篠原

俳句例:61句目~

月さびよ明智が妻の話せむ/松尾芭蕉

緋鯉浮上花嫁の父話しだす/伊丹公子

鬼やんま見しこと幼子に話す/原田喬

髯殿の話し可笑や屠蘇の酔/羅蘇山人

中国語少し話して子供の日/影島智子

駐在となに話すなる芋茎干/石川桂郎

月明のとほくと話す桂の木/矢島渚男

風生と死の話して涼しさよ/高浜虚子

金蝿が来て夕焼の話する/高野ムツオ

雅楽のように話す村人梨の花/伊藤和

野良疵を夫に話さず夕端居/影島智子

毒消売束ね髪してよく話す/関口懐石

酢なまこやふる里同じ話して/乾澄江

冬林檎宇宙ひろがる話して/鎌倉佐弓

冬枯の木に跨りて木と話す/杉山千年

牡丹雪息ととのへてから話す/松本翠

門柱に倚りて話して盆の客/広渡詩乃

園丁の得たりと話す木槿垣/武田忠男

兄のこと話せば泣くや梅擬/高浜虚子

声高に話し行く人出穂の中/佐藤サチ

俳句例:81句目~

夏潮に死の話してふたりかな/石寒太

話せば判る名言今に木堂忌/竹井東郊

鏡と話しながら美容師髪洗ふ/荘水龍

話す事なき時の眼に遠花火/吉田俊女

大声で話す凉みや滝の茶屋/正岡子規

話すうち一枚出来ぬ俵編/斎藤俳小星

話し弾んで芒野に深入りぬ/勝田享子

凍るまで人の言葉を話す鳥/櫂未知子

話し寄り話し別れて草取女/富安風生

水温む赤子に話しかけられて/岸田稚

雪晴の自分に向ひ話したき/細見綾子

先生と話して居れば小春哉/寺田寅彦

話しゐて距てある人雪起し/川村紫陽

客とゐてすこし話せば日短/水守萍浪

話しつゝ遊び心や蝶に目を/高濱年尾

栗咲くと見てゐて別の話する/岡本眸

話しつゝ人登りくる春の山/野村泊月

頭巾着て人と話すや橋の上/正岡子規

獣医来て馬と話すや麦の秋/高松暮秋

鉾のこと話す仕草も京の人/稲畑汀子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました