揚舟を使用した俳句

揚舟に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

揚舟を含む俳句例

揚舟に幣の真白し初凪す/代五米

揚舟に汝も夜涼み猫の貌/下田稔

元日や浜の揚船およそ百/福田蓼汀

揚舟に湖の白砂と花の屑/伊藤京子

揚舟の傷縦横に犬ふぐり/橋本榮治

揚舟の右に左に魂送り/五十嵐播水

揚舟の寧さ五月の旅の腰/野澤節子

揚船に舞台かゝりぬ浦祭/中山冬麿

夏蝶や揚舟に波とどかざる/加藤隆一

崖ぎはへひたと揚舟夏千鳥/木村蕪城

揚舟にいきいき春の霜結ぶ/佐藤鬼房

揚舟の錨が掴むきんぽうげ/森藤千鶴

揚船を干しかくしゐる穂俵/品川柳之

朝潮にもどす揚舟行々子/矢崎ちはる

枇杷咲いて揚舟乾く輪中邑/石野冬青

ぜんまいを揚舟に干し湖の国/伊藤京子

孕み雀とべり揚舟の並ぶ上を/大熊輝一

揚舟に下りて吹かるる寒鴉/深見けん二

揚舟に昼の虫鳴き海荒るゝ/荒川あつし

揚舟に眠る子あづけ海女潜く/松本幹雄

俳句例:21句目~

揚舟の中にも月のひとむしろ/後藤夜半

揚舟へ四温の山を禽こぼれ/大岳水一路

揚舟や枯藻にまろぶ玉あられ/飯田蛇笏

雪の揚舟雪の濯ぎ場旧の如し/木村蕪城

鰤網の揚船がぶり出て航けり/茨木和生

揚船の日溜を跳ぶきりぎりす/丸田余志子

揚船の錆どきぎしぎし長ける浜/高澤良一

着ぶくれて引揚船を待つばかり/松山足羽

揚舟のかげにまはれば千鳥たつ/松本たかし

注連つくり揚舟に背をもたせつつ/手島靖一

タイトルとURLをコピーしました