姉を使用した俳句

姉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

姉を含む俳句例

樗咲き敢て甘ゆる姉娘/林翔

皸や貧に育ちし姉娘/正岡子規

姉母似妹母似鳳仙花/坊城俊樹

姉若く妹老いぬ夏蜜柑/小澤實

彼岸まで妹の刻姉の刻/須川洋子

姉絵本弟積み木日向ぼこ/上野泰

姉七つ妹三つ七五三/細井セツコ

新生姜水に浸して姉の盆/原田喬

故郷の母と姉との初便/高浜虚子

青芒姉が遺せし男の死/鈴木鷹夫

年暮るる姉に小筐の貝細工/直人

姉は水弟は線香雪の径/西山泊雲

一息に十貫坂上姉の恋/斎藤冬海

交替に姉の出てゆく盆踊/湯川雅

姉棄てて弟泳ぐ土用波/坪内稔典

睡蓮の姉や妹水を出て/矢島渚男

姉逝きて遠くなる町鰯雲/柴山絹江

姉立つて花、感情の椿花/阿部完市

姉が目の敵に菊畑の斑雪/塚本邦雄

姉が織り妹が縫ふて更衣/正岡子規

俳句例:21句目~

春闌けて蔓物多き姉の閨/攝津幸彦

姉の忌の天地をつなぐ烏瓜/仁平勝

出奔す姉の螢と刺し違へ/齋藤愼爾

なつかしき涙語や姉の春/河野静雲

新潟にある短夜を姉と妹/高木晴子

淋しさに炉箒使う胎の姉/西川徹郎

貰ひたる蛍を分けに姉の家/上野泰

行年や鏡に向ふ姉いもと/正岡子規

今生の姉が母なる負真綿/津幡龍峰

花菜漬持ち姉の家に居候/田中敬子

姉の桐妹の桐花咲きぬ/喜多村慶女

出戻りの姉哀なり雛の客/中村楽天

弟の姉呼ぶ秋の声であり/黒田杏子

退院の姉に二度咲く白桔梗/林民子

廻禮や姉が日頃の守り神/会津八一

我姉も兄も小太り茄子の馬/林菊代

埋火に三面鏡は姉のもの/久米正雄

夏祭り姉は神出鬼没なり/如月真菜

夏蚕飼ふ姉に貰ひし小銭かな/花中

夕端居国に姉あり妹あり/横倉牧民

俳句例:41句目~

雛祭姉の娘に惚れて見ん/正岡子規

春蚕飼う姉に吉野の櫂の音/大西健司

早苗饗や姉の大きな膝頭/小野口/豊

姉の訃や白梅を見し鎌倉に/鈴木鷹夫

癌の姉看てより気弱夜寒妻/大熊輝一

白象に苦しむ姉に江戸の春/攝津幸彦

姉が来て義弟の帰る年の暮/松田紀子

姉ハイク弟バイク日の短か/高澤晶子

白揚羽未だ見ぬ姉が塩道に/攝津幸彦

姉上は何枚脱いで夏に入る/桑原三郎

齢して五十の姉や暑気中り/石塚友二

行く春や美しき姉太りゆく/阿川道代

虫干や野口英世の姉の刀自/西本一都

烏瓜母につながる姉の逝く/松山足羽

浮かぬ顔姉の金と見比べて/高澤良一

七福神詣での姉と浅草に/松崎鉄之介

三十七が姉の一期や十三夜/嶋田麻紀

弾初の姉のかげなる妹かな/高浜虚子

藪入の姉の下駄履き野菊摘む/南南浪

姉八十弟七十梅ぽつぽつ/宇多喜代子

俳句例:61句目~

人妻の姉と連れ立つ花衣/山口波津女

浜に嫁す姉の便りや白子干/良籐き代

毎年も椎茸呉るる姉の子よ/日永田久

姉病むと柳散るころ便あり/寺田寅彦

花楓姉東海道を上り来る/佐野青陽人

冷麦に朱の一閃や姉遠し/秋元不死男

姉と雪の降る日の貝あはせ/筑紫磐井

姉申す十一の市みえること/阿部完市

かき餅や姉を母とし二階住/岸風三樓

母の忌や姉より届く水中花/渡辺恭子

母に似し水茎よ姉の十三夜/中島月笠

縫ふ事が姉の生甲斐針祭る/星/陽子

緑立つ母/姉/義兄よ長暇/村越化石

紅葉し月下に踊る姉と兵/志波響太郎

十三夜姉を攫いに来る蝶か/斎藤愼爾

紅梅や一人の姉に家ゆづる/村越化石

朝顔の蜜やほどよき姉の愛/香西照雄

黴の花不嫁の姉のチリ文學/塚本邦雄

姉泣けば妹も涙の朝ぐもり/堀口星眠

石垣の上の姉より柘榴受く/廣瀬直人

俳句例:81句目~

姉呼んで馳ける弟麦の針芽/西東三鬼

居士大姉臘八粥の湯気の中/小坂順子

朝の姉夕べの姉も草を刈る/坪内稔典

望の夜の芒を刈りに姉いもと/大串章

春風や姉七十路のEメール/寺司禎子

大姉も小姉も細身十月野/大木あまり

姉の恋ならず水引草こぼる/峯/信恵

妹は薔薇赤く姉は百合白し/正岡子規

空ゆこゑ母か姉かと帰り花/鈴木鷹夫

春の旅くぐもりて鯉を呼ぶ姉/金子皆子

あねいもと初観音へ手を結ぶ/西尾桃子

梅仰ぐ喜寿過ぎし姉傘寿の兄/川村紫陽

あねいもと性異なれば香水も/吉屋信子

江湖会や気象はげしき一大姉/河野静雲

泳ぎ終へしわが脂浮く中の姉/大屋達治

あね弟雪玉の寄るごとくなり/平井照敏

無憂大姉久女の墓の秋暑なほ/西本一都

無花果の匂ひの父を姉と呼ぶ/攝津幸彦

白玉を姉はひたすら茄でる役/櫂未知子

兄姉は永久にあにあね霜の声/栗林千津

タイトルとURLをコピーしました