奥山を使用した俳句

奥山に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

奥山を含む俳句例

葛切や京奥山の水の味/篠原

七月やひづめの音を奥山に/原裕

奥山に夏霧のぼり杉濡らす/原裕

冬景色奥山大臼歯の如く/川崎展宏

奥山の囀小筥に納めたし/上野好子

奥山の枯葉しづまる春夕/前田普羅

奥山の径を横ぎる蕨とり/前田普羅

奥山の芒を刈りて冬構へ/前田普羅

奥山に大雪やある余寒かな/原石鼎

奥山やめでたきものに飾炭/原石鼎

奥山の枯もけぶれり野蒜摘/中拓夫

奥山や五声続く鹿をきく/向井去来

奥山や枯木の穂にも初日影/原石鼎

奥山に風こそ通へ桐の花/前田普羅

薄氷天に奥山在る如し/河原枇杷男

奥山の温泉の夜寒ひとしほに/上村占

奥山にむささびの声山開き/皆川盤水

奥山の奥ある国にゐて炬燵/村越化石

奥山の寒蝉月に鳴きにけり/飯田蛇笏

奥山や紅葉掻き分け鹿の角/藤野古白

俳句例:21句目~

奥山や鈴がら振つて呼子鳥/藤野古白

屋の間奥山見えて夕立かな/飯田蛇笏

法然の日を奥山に籠りけり/伊藤白潮

奥山の天をうつろふ夏雲雀/飯田蛇笏

奥山に売られて古りし蚊帳かな/原石鼎

奥山に旅寝かさねて合歓の花/田中裕明

奥山に滝かくしたる平家村/御子柴弘子

奥山に雪積るらし白湯うまし/村越化石

奥山のさくらは白く舂づける/高澤良一

奥山の花をうながす修羅落し/福永耕二

雪かけて奥山肩を上げにけり/高井北杜

落蝉は有為の奥山けふ越えて/高澤良一

奥山の滝に打たるる夏行かな/大石悦子

谷春辺猶奥山の寝こけかな/松根東洋城

奥山の懸巣の羽根を拾ひ来し/ふけとしこ

奥山にもみぢ踏み分け偽書に入る/高橋龍

奥山に来て逢ふ春の障子かな/鷲谷七菜子

時雨忌や有為の奥山越えてなお/五島高資

暮れそむる奥山見えて雪おろす/前田普羅

奥山は雪ふかけれど西行忌/五十崎古郷句集

俳句例:41句目~

奥山紅葉めぐすりの木の在り處/小枝秀穂女

火薬庫ある奥山かけて紅葉はげし/宮津昭彦

夫につく有為の奥山あをあらし/山口みちこ「懐郷」

タイトルとURLをコピーしました