お降りを使用した俳句

お降りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

お降りを含む俳句例

お降りの灯の賑ひを雪の上/松崎豊

お降りの束の間階を流れけり/原田喬

松林お降りありし匂ひせり/荒井正隆

お降りの霽れてしたたか落椿/滝春一

お降りの音の四方や執筆す/永井龍男

お降りに濡れし新聞拾ひ読み/上野泰

お降りやそびらへ廻す鬼の面/原朋冲

お降りや新藁葺ける北の棟/室生犀星

お降りのありたる夜明邃し/藤田湘子

お降りや街中にある大藁屋/北野民夫

お降りの庭木冬芽を確かむる/瀧春一

お降りといへる言葉も美しく/高野素十

お降りにして只の雨海に降る/加藤楸邨

お降りや土の匂ひのする程に/高木晴子

お降りに眉目濡らして三輪詣/北野民夫

お降りのいつか霰の音となる/粳間ふみ

お降りや晴着にかざす男傘/椙本千代子

お降りのつくづく深き土の色/宇咲冬男

お降りや暁けて明るき海の空/高橋悦男

お降りや杉の青さの中を降る/秋篠光広

俳句例:21句目~

お降りや磐座の石しめるほど/河合和子

お降りやゆめのおはりの花一個/毛呂篤

お降りのやがて流るる音すなり/大石悦子

お降りや心たひらに墨をすり/西森千代樹

お降りのうす墨刷ける深雪かな/西本一都

お降りのかなたに灯る神の島/藤井すみ子

お降りの道いゆくべくありにけり/岸田稚

お降りや暮れて静かに濡るゝ松/島田青峰

お降りや来し方思へとてひねもす/及川貞

お降りや町ふかぶかと門の竹/芥川龍之介

お降りや竹深ぶかと町のそら/芥川龍之介

お降りや野に縹緲と家鴨たち/小長井和子

お降りや音を断ちたる鋳物町/海野ふさ子

お降りのまつくらがりを濡らしけり/岸田稚

お降りや山のうしろが消えさうに/小池一平

お降りにほと~濡れて縁むすび/五十嵐播水

野鼠の穴をお降り濡らすほど/阿部みどり女

お降りに二度寝きめたる夫婦かな/藤田湘子

お降りに雨音といふもののなし/加倉井秋を

お降りのひときわ著き志士の墓/宇多喜代子

俳句例:41句目~

お降りの呟き止みて昏れにけり/阿部みどり女

お降りやたひらに減りし奈良の墨/殿村莵絲子

お降りや蛇の髭うつすにはたづみ/百合山羽公

お降りのかそけさ母と温泉にひたり/酒井みゆき

お降りやほの~濃ゆき寝白粉/『定本石橋秀野句文集』

タイトルとURLをコピーしました