神杉を使用した俳句

神杉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神杉を含む俳句例

神杉の太根を頼み雪残る/林翔

朝風や水霜すべる神の杉/露伴

神杉や三百年の蔦紅葉/正岡子規

六月の空高々と神の杉/都甲憲生

巌万古御滝万古神杉に/河野静雲

神杉に礫のごとし初雀/安川幸里

神杉を突いて鉄砲宮相撲/茨木和生

修覆成る神杉若葉藤の花/子規句集

六夜祭神杉の根に蚊遣香/海野/勲

年の豆礫を跳ねし神の杉/松本秩陵

神杉の年縄寂ぶる若葉雨/中村祐子

始まつて来し神杉の霜雫/茨木和生

神杉の樹齢を仰ぐ淑気かな/東天紅

神杉の千年の黙冷まじや/森戸光子

神杉のもとに庖丁始の儀/黒田晃世

神杉の明暗負ひて種下ろす/有働亨

火祭や幹を寄せ合ふ神の杉/北代汀

灯籠祭神杉に雨上りたる/本宮哲郎

神杉に耳あててみる盆休み/朝妻力

鳩白う神杉に乱れ霰降る/幸田露伴

俳句例:21句目~

墓山に隣る神杉あをじ来る/野沢節子

千年の神杉降らす花粉浴び/稲畑汀子

春風に離れて神の杉二本/岩淵喜代子

氏神の杉に貂住む平家村/西村しげ子

神杉の実の真青なる手向山/福井貞子

神杉の百尺に夏来たりけり/小村陽子

神杉を射て砕けたる初日かな/稲岡長

神杉の秀を押上ぐる大初日/村上誠子

雲よりの那智の御滝神杉に/河野静雲

雷を呼ぶ神杉鉾を研ぎ揃へ/愛須真青

命綱神杉に掛け注連替ふる/早淵道子

鴉の巣宿す神杉注連張れる/平山純司

枯蔦や絵馬は古りたる神の杉/寺田寅彦

神杉の根を踏み虞る梅雨豊前/井口荘子

神杉に谺し雪のびんざさら/伊藤いと子

神杉の秀へ火の粉舞ふ八朔祭/佐藤栄美

神杉の葉を添へて売る三輪暦/大島民郎

神杉を少し揺さぶり風光る/稲畑廣太郎

神杉の上をとびゆく滝しぶき/栗山渓村

蝉生る神杉をよづ翅の透き/川瀬カョ子

俳句例:41句目~

神の杉神の玄さに初日うく/長谷川秋子

仰ぎ見る三輪の神杉実もたわわ/田畑比古

神杉やあまりちひさき秋の蝶/高橋淡路女

神の杉ましろき藤をかけにけり/岸風三楼

神杉に沿ひ昇る日やほととぎす/柳沢仙渡子

花もろとも葛引きおろす神の杉/青柳志解樹

神の杉焦げんばかりにどんと燃ゆ/大坂十縫

珠ゆらぐ神杉や若葉雨霽るる/長谷川かな女

をろがめる人に神杉落ちやまず/竹下しづの女

山深く入りきたりて目をつむる神杉の秀を渡る風音/新井章

タイトルとURLをコピーしました