肛門を使用した俳句

肛門に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

肛門を含む俳句例

肛門をゆるめて淋し夏燕/攝津幸彦

肛門を今蔵いけり夏の空/永田耕衣

怨霊に肛門あるべし春の暮/あざ蓉子

銅鏡の汝が肛門をうろ覚え/攝津幸彦

凌霄に猫のあかるき肛門よ/大木あまり

少年の肛門より降霊術の朝靄/江里昭彦

枇杷の肛門すすり家族ら霊迎/江里昭彦

人工肛門午の祭へ提げてゆく/松本光太郎

友よ芒の肛門なびく空をみたか/西川徹郎

肛門に柱があるから落穂を拾う/夏石番矢

裂かれたる猪の肛門薔薇色に/宮丸千恵子

夢みるや肛門に密着するすべり台/安井浩司

人口肛門のおなら優しき師走かな/秋元不死男

校庭六月肛門もきんせんかも咲いて/西川徹郎

父の肛門へ葬花詰め込むまつぴるま/西川徹郎

神話の残りを落雁として耳鼻肛門へゆく/加藤郁乎

タイトルとURLをコピーしました