小島を使用した俳句

小島に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

小島を含む俳句例

潮退きて徒で小島へ初詣/森田峠

連翹や蛭ケ小島は石ばかり/林徹

羽をほすや小島の松に離れ鴛/斗文

縄も居ぬ離れ小島の暑哉/正岡子規

すゝしさや大島小島右左/正岡子規

初島は沖の小島よ実朝忌/遠藤韮城

峠涼し沖の小島の三年酒/山口素堂

大島も小島も細し雲の峯/正岡子規

爆竹や蛭が小島の畑の中/角田竹冷

小島から岡へ五町の渡り鳥/正岡子規

春雨に暮れ行く沖の小島哉/正岡子規

霞みけり大島小島真帆片帆/正岡子規

眞帆片帆小島小島の紅葉哉/正岡子規

列島の離れ小島の蝌蚪暴れ/脇本星浪

初汐に松四五本の小島かな/子規句集

船つきの小島を控へ鯡小屋/岡野知十

寒凪の沖の小島ゆ雲に伏す/田中水桜

すゝしさの大島よりも小島哉/正岡子規

万緑をつまみ配せしごと小島/山田弘子

初汐の上に灯ともす小島かな/正岡子規

俳句例:21句目~

夏灼けし小島を頼み徒人海女/桂樟蹊子

大田螺蛭ヶ小島に角伸ばす/藤原千代子

小島にも裏側ありて磯菜摘む/大向/稔

はせを忌の小春小島へ目を流す/岸田稚

枯れせめぐ蛭ヶ小島の葱の畝/宮津昭彦

祠ある小島かくれし土用波/高橋二三子

笹鳴くや雪駄は小島政二郎/芥川龍之介

沖の小島を鳶は見てゐる若布刈/中拓夫

葉柳と南瓜ばかりの小島かな/野村泊月

退職近し沖の小島の冬霞/鍵和田ゆう子

しらぬひの筑紫小島の野火けむり/麦南

瀬戸の海春の小島を浮かしけり/岩田清司

牛のせて畑打ちに行く小島舟哉/正岡子規

屋根替の声とぶ蛭ヶ小島かな/鈴木千恵子

さざなみを発す囀り満つる小島/香西照雄

時雨るゝや隠岐の小島の松黒み/角田竹冷

汽船過ぎて波よる秋の小島かな/正岡子規

親鸞忌小島は雲を集めたり/鍵和田ゆう子

新雪やことに小島の一つ松/鍵和田ゆう子

猫の子のもらはれて来し小島かな/山本洋子

俳句例:41句目~

ふるさとの小島の春やおぼすらん/佐藤春夫

月の舟や月の小島をとゞめ去り/徳永山冬子

百千鳥伊勢の小島のすべて見ゆ/大峯あきら

いもうととふらんすの小島はとおし/阿部完市

蛭ケ小島手にとるばかり草萌ゆる/佐野青陽人

峠涼し沖の小島の見ゆ泊り/素堂「六百番発句合」

小島たちが渡つてきた山てらしの実の赤さだ/吉岡禅寺洞

東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる/石川啄木

タイトルとURLをコピーしました