裏木戸を使用した俳句

裏木戸に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

裏木戸を含む俳句例

裏木戸を叩くは風の雪柳/横田清香

棗の辺雨湿りして裏木戸も/高澤良一

裏木戸の闇に四月の風匂ふ/相馬沙緻

裏木戸の音の彼方へ天道虫/飯田龍太

裏木戸や蝸牛殻牽く地の上/石塚友二

桃さくら裏木戸の風昼つめたし/桂信子

母亡くて閉ざす裏木戸枯柏/詫摩まつ子

裏木戸の少しあきゐる余寒かな/岡庭正

裏木戸の鍵壊れをり青木の実/白岩三郎

花南天裏木戸より訪う母の家/寺井谷子

裏木戸に海のひそみ音薺打つ/大森杏雨

裏木戸につづく春の田益子窯/橋本榮治

裏木戸に一番釣りの鮎届く/秋山とみ江

裏木戸を出てゆく父の寒施行/皆川盤水

裏木戸を押し菊月の友を訪ふ/根岸善雄

裏木戸のそこ后塚せりなづな/田畑美穂女

裏木戸の芒に触れて入りにけり/吉屋信子

浜へ出る宿の裏木戸雪加鳴く/青麻やす子

茶の花に裏木戸固く鎖されたる/島田青峰

裏木戸やばさとかぶさり雨若葉/西山泊雲

俳句例:21句目~

裏木戸に汐の満ちくる良夜かな/角川春樹

裏木戸に芒に触れて入りにけり/吉屋信子

裏木戸を出で春潮に手を伸ぶる/岸風三樓

裏木戸に鹿の来てゐる大暑かな/佐川広治

裏木戸のかぼちや蔓のみ長々と/細井房俊

裏木戸を開けて舟出す鯊の潮/岡嶋田比良

裏木戸は開けてあります夕化粧/郡山とし子

裏木戸を出て春の日に手をかざし/野村泊月

炭つぐや夜の裏木戸誰そやくる/金尾梅の門

裏木戸をくゞりおぼろの道なりし/高木晴子

裏木戸をすり抜け恋の猫となる/小池きく江

裏木戸を開けて通草の花を見に/山口梅太郎

零余子拾ふ裏木戸抜けて母の在る/加藤春子

裏木戸は蝌蚪の水辺にありにけり/坊城としあつ

タイトルとURLをコピーしました