廃墟を使用した俳句

廃墟に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

廃墟を含む俳句例

麦秋の中なるが悲し聖廃墟/秋櫻子

醜草も春草として萌ゆ廃墟/有働亨

雀の巣廃墟の天使享け給ふ/不破博

炎天は蒼し廃墟に貌よごれ/石原八束

とり返せぬ廃墟の廣さ鱗雲/津田清子

草の絮流離の果にある廃墟/井沢正江

蟻の列ドーム廃墟の裾にかな/静良夜

山静か廃墟に芥子の花二つ/今泉貞鳳

声呑むや廃墟夕焼剰すなし/小林康治

銀座銀河銀河銀座東京廃墟/三橋敏雄

廃墟にて赤き眸のある寒卵/石原八束

冬館訪ふ近道や廃墟の中/中村草田男

廃墟中瓦礫の抱く秋日影/深見けん二

黒揚羽廃墟の城の水汲み場/細見綾子

浦上へ高まる廃墟夏炎ゆる/石原八束

夕焼寒む廃墟灯るとび~に/岸風三楼

あはれこの廃墟にはやも天道虫/有働亨

人声をまね夏鴉廃墟守る/鍵和田ゆう子

一望の廃墟に似たり蓮の骨/渋谷のぼる

炭焼きし石組もまた廃墟たり/山口誓子

俳句例:21句目~

絮飛んで廃墟周辺秋ふかし/神尾久美子

涅槃風廃墟にできし砂の類/中村草田男

草萌になほ廃墟なる電車待つ/原田種茅

雲のかげ廃墟をかけり秋日刺す/中勘助

馬の宿廃墟となりし蝉しぐれ/石川保子

廃墟なりささやき降りて春の雨/有働亨

アマリゝス廃墟明るく穢なし/殿村菟絲子

バツタとび廃墟は海へ緑地なす/太田鴻村

外套重し廃墟の占める夜の位置/石原八束

天崩れ人は廃墟に時雨れたる/金箱戈止夫

夾竹桃の盛り廃墟が人集む/鍵和田ゆう子

炎昼や廃墟に文字のいのちあり/桂樟蹊子

聖蹟はすなはち廃墟雲の峰/久保田万太郎

胸には恋の廃墟ばかりで蚊喰鳥/楠本憲吉

菜種梅雨わたくしはひとつの廃墟/山本掌

銀行に廃墟のにほひ春の雪/鍵和田ゆう子

人のけはひ怖れ廃墟の月見草/鍵和田ゆう子

古ローマの廃墟の千草野猫棲み/小原菁々子

罌粟真赤廃墟の壁に咲くときも/稲垣きくの

湯ざめして廃墟の中に立つごとし/藺草慶子

俳句例:41句目~

廃墟浦上火の子の如く凧飛べり/野見山朱鳥

廃墟に梅雨首なき使徒の掌が祷る/津田清子

音がして生まれる廃墟梅雨の虹/高野ムツオ

みどりの時計の慰藉あり静かな廃墟/阪口涯子

凧揚ぐる廃墟の子等のなかをゆく/八木原祐計

廃墟の石段のぼる朝日が眉間で濡れ/伊丹公子

東京空襲アフガン廃墟ニューヨーク/大井恒行

廃墟という空き地に出ればみな和らぐ/金子兜太

タイトルとURLをコピーしました