聞く/を使用した俳句

聞く/に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

聞く/を含む俳句例

蜩聞き八意思兼命/高澤良一

終夜秋風聞くや裏の山/曾良

大岡の訴を聞く扇哉/正岡子規

蓬に聞かばや伊勢の初便/芭蕉

終宵秋風聞くやうらの山/曾良

厨にて母聞く父の祭笛/林昌華

鴬を檳榔林に聞かんとは/篠原

朝雨を竹に聞く日や扇置く/嘯月

雪院に鶯聞くや春の雨/正岡子規

四十の手習音に聞く太棹/仁平勝

ほのかなる鶯聞きつ羅生門/来山

極上の蜩を聞く遊行かな/瀧春樹

外宮内宮とたんに聞くや杜宇/毛

産声と聞く暁の蝉の声/広渡詩乃

大雪や隣のおきる聞き合せ/浪化

牛洗ふ人の声聞け宵祭/加舎白雄

豆音も聞かぬ藁屋に是や此/嵐雪

婚約の成立を聞く卒業子/塙きく

門松に聞けとよ鐘も無常院/支考

聞くも花語るも花の盛かな/豊山

俳句例:21句目~

庭番と濤音を聞く夕霞/鈴木鷹夫

今しがた聞きし茸の名は忘れ/占

風の息樅の息聞き春隣/村越化石

夕暮や蚊を聞かへて荻の風/也有

橘に碁の音聞かんけさの春/蓼太

新蕎麦に猿聞く山の夕かな/也有

笛のごと風音聞こゆ梅林/大長林

竹の屁を折節聞くや五月闇/其角

深川に家を移して鷭を聞く/洗耳

砧打て我に聞かせよ坊が妻/芭蕉

時鳥きのふ聞きしが閑古鳥/維駒

鹿聞くや男寝巻を左前/後藤綾子

卯辰山碑に聞け秋の聲/佐藤春夫

岨道に鶯聞くや馬の上/正岡子規

鶏の寝言聞きけり秋隣/窪田英治

鵆聞くために二日の旅寐哉/桃隣

聞かせ合ふ町の咄や冬の里/野坡

水音を寒からず聞く心あり/汀子

壁一重牛の息聞く夜寒哉/正岡子規

大風の中の鴬聞こえをり/富安風生

俳句例:41句目~

よもすがら秋風聞くや裏の山/曾良

壷阪に詣で三光鳥を聞く/舘野翔鶴

山の池底なしと聞く未草/稲畑汀子

追従の口聞かぬふり藪椿/各務耐子

わが噂街に聞きとむ春寒し/上村占

月並は何と聞くらん子規/正岡子規

落し文二つ拾ひぬ相聞か/角田拾翠

寐覚して蟲聞く秋となりに鳧/茶州

夏衣雲の流るる音聞かる/村越化石

青簾一つ大きな音を聞く/高澤良一

み仏と囀を聞く耳の寺/町田しげき

山蛙聞き駘蕩として長湯/高澤良一

霹靂と聞きし一葉の真闇かな/林翔

夕立の足音聞くや橋の下/正岡子規

琴やめて鶯聞くや下屋敷/正岡子規

霰聞くやこの身はもとの古柏/芭蕉

霧笛聞く大間岬に桂月碑/勝田蒼人

霜柱生れる音を風に聞き/中村恭子

雲雀聞き~牛に眠れる男かな/言水

雪院の月に蛙を聞く夜哉/正岡子規

俳句例:61句目~

草枕射水の川に聞く千鳥/有馬朗人

虫を聞く会終りゐし昼の虫/岸田稚

蜩聞き平家統領謫居の家/高澤良一

病暦を細かに聞かれ鰯雲/山田茂子

木曽馬の嘶き聞こゆ黍嵐/松下金鹿

夜の秋や横臥しに聞く木曾の雨/稚

雁聞きに京の秋に赴かん/松尾芭蕉

雁聞きに京の秋におもむかん/芭蕉

船歌を梦に聞けり閨の中/正岡子規

藤村の初恋を聞く春炉かな/林周作

船歌や梦に聞けり閨の中/正岡子規

山国の聞けば淋しき踊唄/稲畑汀子

陣場址に聞くは麓田の昼蛙/有働亨

闇深し晩涼の浪音を聞く/高木晴子

玉霰人の恋聞く聞き流す/清水基吉

七夕やよみ歌聞きに梶が茶屋/召波

象も耳立てゝ聞くかや秋の風/荷風

長き夜やいろ~に聞く虫の声/許六

蜩やこの声聞かむ幾夏ぞ/林原耒井

畦塗りつゝ夕鶯を聞く貌か/飴山實

俳句例:81句目~

蛙聞く微熱の髪膚夜気に触れ/茅舎

蔕落ちの柿の音聞く深山かな/素堂

蛙聞く夕栄の顔持ち歩き/大野林火

上六で道聞かれゐる西鶴忌/角光雄

幾寝覚雨の椶櫚葉に秋を聞く/調和

聞こえくる四萬六千日の鐘/星野椿

丸盆の椎にむかしの音聞かむ/蕪村

燕の何聞くふりぞ電信機/正岡子規

聞こえくる四万六千日の鐘/星野椿

聞く人の目の色狂ふ鶉かな/千代尼

大寺の寒泉の声聞きに来し/有働亨

囀を聞き分けてゐる鳥博士/大串章

二月尽江差追分なら聞こう/池禎章

云々と聞かされてゐる姫始/角光雄

五才児の蘊蓄を聞く兜虫/山田/翠

水餅の呟を聞く文弱なり/清水冬視

怖しさ聞くも見舞や水害地/安原葉

聞かぬとし有も命ぞ蜀魂/横井也有

芭蕉葉や音も聞かさず破尽す/梅室

聖鐘を聞く冬晴の殉教地/大橋敦子

タイトルとURLをコピーしました