山月を使用した俳句

山月に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山月を含む俳句例

山中村此頃俗化山の月/上野泰

沖膾二上山の月を待つ/蔵巨水

山月を遊ばせて白鉄線花/有働亨

人死にし山月明の雪けむり/高須茂

密教の山月の水奔らしめ/三好潤子

三方の玻璃戸の泊り山の月/上野泰

山の月花ぬす人をてらし給ふ/一茶

少年は夏炉に寄らず山の月/大串章

後山の月甕のごとし初昔/飯田蛇笏

兎罠いびつに山の月昇る/江部二峰

兵燹を逃れて山の月の庵/高浜虚子

水取りの戸帳に落ちて山の月/方水

深川や蠣がら山の秋の月/小林一茶

短夜や梁にかたむく山の月/原石鼎

行水の心やすさよ山の月/酒葉月人

山月の望の力の冷まじや/上田五千石

月出でて名も山月の京料理/大島民郎

山月や障子の裡に桑切れる/松村蒼石

山月を離さぬ水や葛晒し/長沼冨久子

明日の山月に峙つ狩の宿/米沢吾亦紅

俳句例:21句目~

送り盆出づる山月暈被たり/桑原志朗

山の月独り越ゆらん君が面/石井露月

山の月さすや閂せゝこまし/西山泊雲

枯山の月今昔を照らしゐる/飯田龍太

産卵の蛾の変貌す山の月/殿村莵絲子

背の窓に島山の月みかんむく/及川貞

山の月冴えて落葉の匂かな/芥川龍之介

山の月凄まじランプの影親し/福田蓼汀

山の月いつしか湖の月となる/平田縫子

山の月雨なき麦を照らしけり/臼田亜浪

山の月鵜舟の細身照らすなり/吉野義子

山月に冴えて聾ひたる耳二つ/飯田蛇笏

山月も長けてありけり芹の原/永田耕衣

年ゆくや山月いでて顔照らす/飯田蛇笏

河童祭山月これを照らしけり/飯田蛇笏

かりそめの杖もたのしく山の月/及川貞

やや欠くる大津皇子の山の月/茂里正治

俳論に激せしあとの山の月/成瀬正とし

花の戸やひそかに山の月を領す/原石鼎

茸狩りの季に入る山の月明り/飯田龍太

俳句例:41句目~

蒲剪つて鋏するどし山の月/殿村莵絲子

二上山の月掲げたる菩薩かな/佐川広治

詠むるや江戸には稀な山の月/松尾芭蕉

鯰になる蝌蚪もあるべし山の月/大串章

この山の真如の月とひきがへる/大野林火

山葵利きふつと生甲斐山の月/殿村莵絲子

颱風の北進し来る恵那山の月/松本たかし

味噌色の月のあがりし山の講/八牧美喜子

山の月を右にして左にして帰る/荻原井泉水

まだ名無き赤子にのぼる山の月/大峯あきら

山月や居待といふもいと更けて/水原秋桜子

タイトルとURLをコピーしました