らっきょうを使用した俳句

らっきょうに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

らっきょうを含む俳句例

辣韮の花咲く土や農奴葬/飯田蛇笏

辣韮の露彩なして夏近き/飯田蛇笏

辣韮同志関係密や瓶の中/如月真菜

九頭竜に辣韮洗ひの屑流れ/高濱年尾

辣韮が親戚の色してゐたり/大石雄鬼

十代の恋つつぬけや花辣韮/西村青雨

炎帝は辣韮までも泣かせたり/齋藤玄

砂丘馬のうるみ眼や辣韮畑/畠中久枝

辣韮を齧るや晩夏確かなり/高澤良一

辣韮漬けし夜の厨の闇動く/塩川祐子

うちつゞく砂丘辣韮畑かな/細田乃里子

もとどりを結ひ辣韮を畦に並む/向井秀

九頭竜の岸の芥の辣韮かな/阿波野青畝

辣韮の花のさざなみ空にたつ/石原八束

辣韮をつまみそこねし西鶴忌/榎本好宏

辣韮の花あはあはと那須に雲/皆川盤水

辣韮の花が見たくて房州に/今井杏太郎

辣韮も置きある納屋の這入口/高濱虚子

著重ねてらっきょの如き厨妻/高澤良一

裸子の尻らつきようのごと白く/本井英

俳句例:21句目~

辣韮の洗ひ上げたる白さかな/頓所八重子

辣韮や千里の砂丘を埋めつくす/磯野充伯

辣韮を漬けてころりと睡りけり/黒田杏子

九頭竜の砂のこぼれる辣韮を/小島千架子

会はぬ日の辣韮三つぶまた三粒/津森延世

地を這うて何の科かも辣韮掘り/井沢正江

辣韮漬家のそここゝ匂ひたる/寺島きよ子

嫁がせしあの娘この娘と辣韮漬く/加来都

硝子瓶まず日を容れて辣韮漬く/野村和代

鰯雲らつきよう甕を漏る酢の香/羽部洞然

辣韮を漬けしばかりの身のほとり/石川桂郎

らつきようの花どきといふ因幡入り/飴山實

らつきよ壷のぞきなどして暑さ急/細見綾子

辣韮の無垢の白より立つにほひ/文挾夫佐恵

辣韮掘る父祖の地の砂さらさらと/上石みち子

辣韮を漬け了へて子にきらはるる/小間さち子

らっきょうほる土素草鞋にみだれけり/飯田蛇笏

なんとなくにせの大原女らつきよ売り/越路雪子

らつきようの白きひかりを漬けにけり/大石悦子

そぞろ湧くしんらん讃歌らつきよ掘り/赤松ケイ子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ