居酒屋を使用した俳句

居酒屋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

居酒屋を含む俳句例

居酒屋の昼定食や荻の風/小澤實

居酒屋に日雇ら足る年忘れ/昌寿

居酒屋の凭れ柱や衣被/河西みつる

居酒屋の漢の夕餉初鰊/渡辺とき子

酒蔵の今は居酒屋鬼貫忌/喜岡圭子

居酒屋のさて何処に置く冬帽子/林翔

居酒屋の喧嘩押し出す朧月/正岡子規

居酒屋に馬繋ぎけり春の月/正岡子規

居酒屋のいつもの席の凝鮒/沖/鴎潮

居酒屋の窓に梨咲く薄月夜/正岡子規

居酒屋の肴となりし年の豆/富本修志

居酒屋の浅き春なり新メニュー/吉野敏

一遍忌居酒屋商船テナシテー/攝津幸彦

居酒屋に今年も暮れて面白や/正岡子規

居酒屋に傘を忘るも走り梅雨/岡田成青

居酒屋のあかりは暗く遠花火/富田巨鹿

居酒屋に時雨持ちこむ女傘/小池龍渓子

居酒屋は船員ばかり蚊遣たく/小林清一

春昼を居酒屋に酌み痴けいる/田中冬二

梅さくや居酒屋の主発句よむ/正岡子規

俳句例:21句目~

居酒屋によらで過ぎ行く燕かな/正岡子規

居酒屋の木の椅子鳴りぬ隙間風/高橋欣也

太宰忌の居酒屋にある忘れ傘/伊藤伊那男

居酒屋の火床にありけり十夜柿/古舘曹人

居酒屋の灯に佇める雪だるま/阿波野青畝

居酒屋が北のまほろば氷下焼く/矢島渚男

居酒屋に席空くを待つ西鶴忌/岸川素粒子

居酒屋の谷中生姜と更けにけり/鈴木鷹夫

居酒屋に新酒の友を得たりけり/正岡子規

居酒屋へいでまゐらせん梅一枝/正岡子規

居酒屋に棲む夢千代といふ金/山下かず子

暮六ッといふ居酒屋や水打てる/椎橋清翠

柳わけて居酒屋の門はひりけり/正岡子規

居酒屋に棲む廣重とあめふらし/大屋達治

居酒屋に靄たちこむる葱鮪かな/井上唖々

川へはみ出て並ぶ居酒屋西日溜む/河野南畦

春浅き居酒屋にいるハムレツト/持永ひろし

颱風にことよせ流れ居酒屋に/坊城としあつ

父ちゃんと母ちゃん居酒屋焼ほっけ/高澤良一

一夜ひえびえ居酒屋に霧かかりけり/川島彷徨子

俳句例:41句目~

居酒屋にわが酔ひし間を自転車のサドルにしるく雪たまりけり/吉野秀雄

タイトルとURLをコピーしました