ショパンを使用した俳句

ショパンに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ショパンを含む俳句例

窓を出てシヨパンの高貴春の暮/桂信子

聲奏づシヨパン生家に初鴨も/依田明倫

シヨパン弾き終へたる窓の寒昴/石飛明子

ショパンなほ続く妹の秋の薔薇/横光利一

花薔薇ショパン恋ふるも旅の情/高木晴子

機内食ショパンの国のさくらんぼ/岩崎照子

くり返すショパン曲ちちろ絶間なし/及川貞

弾初のショパンの曲の湧くごとし/本多勝彦

シヨパン忌を花野に遊ぶ何も持たず/岡崎光

送火をこえてシヨパンの流れけり/石田波郷

ショパン弾く窓に植ゑたり糸瓜苗/三枝正子

あぢさゐや愛深めゆく子のシヨパン/橋本榮治

いま充電中梅雨の家に聞くシヨパン/黒澤さち

この生家露しとどなりシヨパン聴く/岩崎照子

灯をやどす黒葡萄掌にショパン聴く/川口重美

草萌えにショパンの雨滴打ち来たる/多田裕計

シヨパン聴く濡れゐるやうな夏の月/石川文子

夜深しショパンの調べの秋を行く/島尻よし子

はて今日はシヨパンの忌かな尾花散る/藤沢樹村

ひつそりとショパンの捲毛置かれて夏/小池文子

俳句例:21句目~

時雨聴きゐたりショパンの忌を知らず/並山南山

凍てあらむショパンの心臓埋めし土/文挟夫佐恵

秋刀けぶらせをりシヨパン聞いてをり/結城昌治

秋汐に透きとほる死やシヨパン鳴る/文挟夫佐恵

ショパン弾き了へたるままの露万柴/中村草田男

シヨパン弾き了へたるまゝの露万朶/中村草田男

落花はげしシヨパンのしらべ生む指に/仙田洋子

雨の葡萄くろがねなすやシヨパンの忌/岩田昌寿

柘榴病みしかシヨパンの曲を聴きをれば/杉山岳陽

シヨパンいま余寒の胸になだれこむ/木之下みゆき

終りに近きシヨパンや大根さくさく切る/加藤楸邨

シヨパンとリストの曲の差つなぐ茶立虫/加藤知世子

ショパンとリストの曲の差つなぐ茶立虫/加藤知世子

ショパン聞く涼しく息を整へて/星野椿「星野椿句集」

タイトルとURLをコピーしました