鬼女を使用した俳句

鬼女に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鬼女を含む俳句例

秋寒し眼の光る鬼女の面/正岡子規

春曉の夢の女は鬼女なりし/岩崎照子

薪能鬼女に月光憑きにけり/松本圭二

桜川の岸辺鬼女とも花明り/岩下斜径

櫨紅葉鬼女洞窟を荘厳す/町田しげき

薪能太鼓早打ちして鬼女に/吉田紫乃

韮の花に南蛮いけて鬼女の庵/中勘助

風呂吹や師走の闇を鬼女の影/中拓夫

薪能鬼女の金欄火に染まる/品川鈴子

戸隠の菊人形の鬼女やさし/福田蓼汀

鬼無里村河鹿謡へり鬼女紅葉/高澤良一

葉鶏頭いま振向けば鬼女の顔/川島千枝

しぐるるや宮に兀げたる鬼女の面/闌更

裾花の鬼女の裳裾はいま萌黄/伊藤敬子

雪来るか一山笛の鬼女の里/丸山美沙夫

美しき人の鬼女めく紅葉谷/小檜山/霞

鬼女が飛び飾り注連揺る薪能/浅田聡纓

鬼女もまた口中渇く紅葉山/高橋かほる

村芝居子の眼前に鬼女と化す/谷野予志

鬼女の図の爪に弾痕冴返る/伊藤いと子

俳句例:21句目~

神無月狂女を叱るわれは鬼女/中川禮子

紅葉濃し鬼女の出て来よ夕曇/椎橋清翠

この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉/鷹女

仮の世の鬼女ともなれず紅葉狩/三橋迪子

嚇つと照る紅葉や鬼女の高笑ひ/嶋田麻紀

能衣裳まとふ鬼女とも夜の紅葉/中原宏子

鐘見えぬまで萱積みし鬼女の寺/西本一都

鬼女たちまち闇に消えけり薪能/矢田插雲

鬼女の出に昼の月あり壬生狂言/山尾玉藻

鬼女の笛ながれそむなり初紅葉/湯本道生

鬼女の血が妻にも少し青葉木菟/西川五郎

鬼女出むと昂ぶる松や月の能/ふけとしこ

鬼女消えて狂ひ蛾残りぬ篝能/平井さち子

鬼女祀る堂出て日暮とりかぶと/高澤良一

鬼女跳べり全山枯るる閑けさに/河合凱夫

きりぎりす鬼女伝説を絵にて説き/宮津昭彦

この枯野走り抜けねば鬼女に遇ふ/石川文子

壬生狂言鬼女に食はれて歩き消ゆ/右城暮石

鬼女なにかつぶやきはじむ紅葉谿/加藤耕子

鬼女になり童女にもなり梅雨茫々/野澤節子

俳句例:41句目~

鬼女の名をとどむ石塊冬蚊出づ/石橋まさこ

連れすでに鬼女と化しつつ紅葉宿/星野石雀

顔見世や鬼女は赤毛の揃ひ踏み/壺井/久子

鬼女の像灼けつつ内面夜叉美人/加藤知世子

ここは地の底鬼女も草木に数へらる/栗林千津

この木登らば鬼女となるべし夕紅葉/三橋鷹女

美女現前鬼女も招ばんと紅葉焚く/中村草田男

花槐鬼女になりたいはなえんじゅ/岸本マチ子

鬼女谷に入り行く紅葉かつ散れり/町田しげき

渡し場の雷雨に佇つや鬼女めくも/鍵和田ゆう子

タイトルとURLをコピーしました