帆船を使用した俳句

帆船に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

帆船を含む俳句例

更衣帆船に綱夥し/友岡子郷

春の空帆船の綱交錯す/松田多朗

春一番帆船無風の壜の中/河村昇

帆船の刻々帰る雲の峰/広本俊枝

凩や遠き帆船の国の声/対馬康子

行春の帆舟も出でよ円通寺/上村占

ナイル河帆船上の旅涼し/相馬藍壷

硝子瓶の中の帆船明早し/長崎玲子

朔風に帆船現れてはや遠し/中村汀女

帆船の女神かがよふ聖五月/南方惇子

大き帆船厠の窓に月ひと夜/金子兜太

帆船の雁字搦めや天炎ゆる/松本道宏

雪の日の帆舟に似たる花車/斉藤夏風

遊蝶花帆船見ゆる窓に置く/岩崎健一

朝風のかやに帆舟の遅速見る/大谷句佛

汗拭いて身を帆船とおもふかな/岡本眸

紫苑の穂ゆれる帆船揺れるかに/堀葦男

裏切りや帆船動くジグザグに/阿部完市

三帆舟は塩尻になるかすみ哉/榎本其角

串本を出でゆく帆船風光る/大野雑草子

俳句例:21句目~

佐保姫を迎へに出づる帆船か/大島民郎

額の繪の帆船すすむ落葉ふる/山口青邨

帆船にムンクの貌のある白夜/石原八束

帆船に四日の風のゆきわたる/黛まどか

帆船のロープ百条秋気満つ/大石香代子

鰺釣や帆船にあひし梅雨の中/飯田蛇笏

帆船の音なく出づる霾ぐもり/松本幹雄

帆船は雲と日暮れて雪降りぬ/細谷源二

帆船や野菊は風の中にある/夏井いつき

帆船をつなぎしドック海月浮く/小田亨

ゆるやかに帆船はひりぬ秋の汐/高浜虚子

をちかたに帆船が耀り雲かへる/細谷源二

帆船なればこそ燦然たる夕焼け/佐川広治

帆船の帆桁の筋骨ひばり東風/平井さち子

帆舟来てつなぎし柳茂りけり/水原秋櫻子

帆船の帆を下したる良夜かな/西嶋あさ子

帆船の形にならぬ風のかまきり/細谷源二

帆船に浜木綿は翅ひろげたり/伊丹さち子

帆船に朱夏の井戸水積みにけり/佐川広治

風のコーラン帆船に膝抱いて熱し/伊藤和

俳句例:41句目~

帆船をゆすりゆすられる現代詩/須崎みのる

白南風埠頭帆船フアンで賑はへり/高澤良一

秋燕やタンゴの国から帆船来て/平井さち子

小走りやむナース帆船となる屋上/角田重明

ポスターの帆船まぶし雨の百舌鳥/大島民郎

瓶の帆船ある夜銀河をさかのぼる/佐藤正賢

あそび好きな五月の風神一帆船/鍵和田ゆう子

ゆつくりと帆舟行き交ふ皐月かな/安達実生子

月しろのぽるとがる帆船よぎりけり/小池文子

何時も胃になにかが住んで帆船待つ/八木原祐計

帆船が沖ゆく父の日なりけり/針呆介「冬遍路」

白夜に帰る帆船クリスチヤン/ラーデイツク/石原八束

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました