ふるさとを使用した俳句

ふるさとに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ふるさとを含む俳句例

ふるさと山を盾とす立夏かな/原裕

薪能ふるさと深き闇を持ち/生田政春

ふるさとを源として鮎の川/津田清子

あんずの香の庭深いふるさと/室生犀星

砂糖きびかめば甘いふるさと/橋本夢道

黒眼鏡暗しふるさと田水沸く/西村公鳳

地の皺の中のふるさと雪明り/矢島渚男

ふるさとを同うしたる秋天下/高野素十

梨甘く実るふるさと潮目濃し/伊藤京子

ふるさとを思ふ病に暑き秋/芥川龍之介

九輪草ふるさと詩碑も雨滴して/及川貞

一夜泊つ湖国ふるさと十三夜/大橋敦子

戸籍のみ残るふるさと雁渡し/江崎慶子

ふるさとを遠ざかりたる氷かな/横光利一

ふるさとを半端に捨てて花遍路/金子雄山

喜雨の虹ふるさと人と打ち仰ぎ/飯田京畔

子を生みに帰るふるさと盆の月/三輪浅茅

末黒野の限りふるさと離れ得ず/加藤燕雨

ふるさとを忘れな草の咲く頃に/成嶋瓢雨

桐の花ふるさと人のみなやさし/川口咲子

俳句例:21句目~

盆の月ふるさと訪ふも久しぶり/成嶋瓢雨

年酒酌むふるさと遠き二人かな/高野素十

鳥渡るふるさと二つあるごとく/川上安三

ふるさとを語り掌に載す巴旦杏/伊藤京子

ことありて帰るふるさと花辛夷/片山由美子

たんぽぽの絮ふるさとを出奔す/青柳志解樹

ふるさとを去ぬ日来向ふ芙蓉かな/芝不器男

ふるさとを持つ恥づかしさ啄木忌/櫂未知子

ふるさとを捨つる勿れと柿赤し/山崎みのる

ふるさとを捨てし如くに墓参せず/杉山岳陽

春の霧ふるさと捨つるごとく発つ/佐藤輝城

木の葉髪ふるさと遠く住む身かな/村山古郷

仏前に花持ちふるさと人のごと/池内友次郎

ふるさと近し堅そな桃の並べられ/林原耒井

ふるさとを語れば熊と教師の名/長谷川洋児

海を見てふるさと捨てし身は凍ゆ/木村蕪城

叔父の忌に集ふふるさと苗代寒/小路智壽子

ふるさとを遠くに暮らし踊り抜く/土井峰子

ふるさとを離るるまでを泳ぎをる/石田玄祥

鳳仙花ふるさと遠くなることなし/高橋沐石

俳句例:41句目~

都忘れふるさと捨ててより久し/志摩芳次郎

ふるさとをまだ知らぬ子に蜥蜴いづ/萩原麦草

ふるさとを出でし夜もかく稲光り/成瀬桜桃子

枯芝を踏むふるさとを踏むやうに/丸山ゆきこ

柿落花ふるさと棄てしわれを打つ/成瀬桜桃子

ふるさとを訪ひ遇ひにけり寒念仏/行方寅次郎

門火焚くふるさと人の吾を知らず/大橋櫻坡子

雪夜ふるさと真白き曲り蒼き曲り/加藤知世子

雪強く踏むふるさとを捨てないため/望月精光

ふるさとを捨てし身のいま凍きびし/鈴木真砂女

ふるさとを戀ふこともなく障子貼る/阿部みどり女

色深きふるさと人の日傘かな/中村汀女「汀女句集」

タイトルとURLをコピーしました