東洲斎写楽を使用した俳句

東洲斎写楽に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

東洲斎写楽を含む俳句例

網棚に写楽眇の福袋/村井郁子

初空や北斎の青写楽の朱/秦夕美

啓蟄の蟻と写楽の大首絵/攝津幸彦

扇風機ぐらり写楽の大首絵/石田玲子

秋の暮わが半顔は写楽の絵/鈴木鷹夫

春めきて写楽の描きし男かな/皆吉司

写楽の顔背中で踊る阿波踊/二橋満璃

写楽顔して白鳥の首あげし/内山越楼

汗しとど写楽の目して口をして/林翔

行く春や写楽を憎む芝居者/岡本綺堂

鬱然と写楽の鼻の寒さかな/大庭紫逢

ある書肆の写楽に神田祭かな/細川加賀

囓られし写楽の顔や嫁が君/阿波野青畝

立冬や写楽が微温湯を出る/澤井益市郎

秋灯下ひらく写楽のきらゝ摺/岡村一郎

東洲斎写楽頤出しもぐら打つ/長谷川双

写楽似が顎撫でてゐる濁り酒/野田勇泉

焦げくさき町を離れし写楽かな/穴井太

春暑し我も持ちたる写楽の鼻/小坂文之

台風の近づく夜なり写楽の手/久米ひろ

俳句例:21句目~

酷暑なり写楽の貌をして歩む/千手和子

黐散りぬ見得の写楽の終焉地/山内遊糸

別の手が出て写楽買ふ羽子の市/木村えつ

団扇絵の写楽の風に負けてをり/河野南畦

春暑しわれも持ちたる写楽の鼻/小坂文之

春一番写楽の顔で吹かれをり/日下部宵三

永き日の写楽は顎に暮色溜め/宇佐見蘇骸

極彩の写楽を乗せていかのぼり/長谷川双

残暑日々写楽はとほと顎を出す/古田悦子

毬あぢさゐ例はば写楽の役者顔/高澤良一

絵団扇の写楽の鼻や風もらふ/北見さとる

うらゝかや写楽顔して泣き羅漢/河合未光

菊に見る写楽画怪をきはめたる/森川暁水

写楽画の変化ちぬるを菊に見ぬ/森川暁水

齧じられし写楽の顔や嫁が君/阿波野青畝

雁列を仰ぐ/写楽の顎をして/守田椰子夫

雪のかがやき写楽絵のまづ浮かれ/松澤昭

写楽の絵おとがひ長く枯梗挿し/後藤夜半

写楽の絵見てゐる春の蚊きいて/北原白秋

夏痩せて写楽の顎となりにけり/鶴見一石子

俳句例:41句目~

すずしさは写楽の顎のあたりより/丸山哲郎

夜鷹蕎麦すすり写楽の顔をせり/大信田梢月

羽子板をはみ出してゐる写楽の目/橋本榮治

壁の絵の写楽に湯ざめうつりけり/細川加賀

菊に見る写楽画雲母をおしみなく/森川暁水

句じるまみだらのマリアと写楽り/加藤郁乎

写楽のやうな顔で羽子板市へゆく/寺田青香

牡蛎料理つるりと吸うて写楽の絵/高尾真琴

写楽の目ぎりぎり寄って絵双六/紅露ゆき子

顔あつめ写楽となりてばいまはし/高島征夫

ゆく春や写楽を憎む芝居者/獨吟/岡本綺堂

羽子板の写楽うつしやわれも欲し/後藤夜半

軽暖や写楽十枚ずいと見て/飯島晴子「八頭」

まなじりの写楽ぶりなる案山子かな/山下千代子

タイトルとURLをコピーしました