水上を使用した俳句

水上に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水上を含む俳句例

水上の滝のよどみや梳初/許六

水上は一日曇り通し鴨/高澤良一

冬晴や水上たかく又遠く/前田普羅

旅いつも水上を指す初桜/鈴木鷹夫

日の匂ひして水上の虎落笛/斎藤玄

水上は花絶えて日の永哉/正岡子規

水上の薙に沈みて雁渡る/前田普羅

誕生す水上スキー引絞り/小池文子

鮭の来て水上黄ばむ高ねかな/風孤

鯉のぼる猪口の水上幾代の春/露言

かはせみに格好な枝水上に/高澤良一

水上はふんどし洗ふ御祓哉/正岡子規

何見るとなく水上の唐辛子/飯田龍太

冬到来また水上に逃亡す/宇多喜代子

岩伝ふ水上走りがざめの子/松瀬青々

朴の花その水上に山の神/井村美治子

水上へ浪のぼるかや残る雪/佐野良太

水上を埋めし雲に月かゝる/前田普羅

水上に熟るゝ万朶の山葡萄/前田普羅

水上は冬日たまりて暖かし/前田普羅

俳句例:21句目~

水上に薄雪おりて夜長なる/前田普羅

水上や紅葉に落ちるちろりの滝/味鶴

水上や風にしたがふ鴨の笛/松村蒼石

水上を横ぎる杣の厚着かな/前田普羅

水上を突き進む蛇不敵なり/高澤良一

水上バス四万六千日に着く/松山足羽

麦枯れて鮎の水上夕映えぬ/石原舟月

水上バス鬼灯市へ橋くぐる/網川恵子

蓮如忌や水上はたゞ山ばかり/岩田潔

水上や瀬に鳴る水の明け易き/佐藤春夫

七月や山羊の目遠き水上へ/波多野爽波

水上や雄々しく太き冬木の芽/前田普羅

夕じみの堰の水上下応へをり/石川桂郎

水上は火傷の肌の満つ五月/宇多喜代子

李咲き村は水上バスのよう/本田ひとみ

水上にアザラシの息うそ寒し/高澤良一

水上に宙たつぷりとつばくらめ/大串章

水上に滝白う見えて風かをる/正岡子規

水上に置きたる露の流れけり/前田普羅

花の色は水上にあり夜市川/宇多喜代子

俳句例:41句目~

茎漬の水上りたる納屋明り/刀根川美都

水上に薙の月夜のつゞきけり/前田普羅

西日の尾ふり切り水上バス走る/上村占

水上に首は置くべし帰り花/増田まさみ

水上の蝶を使者とす嵐雪忌/山田譲太郎

水上の湯女朝もぎの林檎さげ/平尾圭太

水上市場ドリアンの棘喋りだす/伊丹公子

目借り時遠くに水上マーケット/遠山郁好

水上バイク神の御立の波起す/小玉真佐子

水上バス着いて吐き出す夏帽子/石丸泰子

水上スキー女身均斉ひるがへり/小池文子

水上保険せし秋雲のあがる日や/久米正雄

梅雨湿り水上バスで来しことも/永井東門居

水上のすぐなるを見よさ苗月/宗因「三籟」

水上夏至乳あらはに黒髪洗ふ婦も/宮武寒々

水上バス銀河澱みにねむくなる/平井さち子

白つめくさいちめん水上バス乗り場/高澤良一

タイトルとURLをコピーしました