トンネルを使用した俳句

トンネルに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

トンネルを含む俳句例

トンネルを抜け十月の箒売/黒田杏子

山桜トンネル一つ横抱きに/長谷川秋子

葛の花トンネル口は風に満ち/鷹羽狩行

トンネルの奥が明るい耳咲く秋/穴井太

トンネルの工事現場の鯉幟/日比野和子

トンネルの真上の部落麦の秋/川村紫陽

トンネルの口ある山の夏蜜柑/和知喜八

豊年や明治トンネル口すすけ/平畑静塔

トンネル見え雪のみどりの濤頭/中拓夫

トンネルを抜けて即ち螢の夜/秋山万里

トンネルを出れば芒や秋の山/岡本綺堂

トンネルを抜けて終点紅葉駅/松村昌弘

おぼろ夜の汽笛トンネルが国境/野澤節子

トンネルをぬけて吹雪の闇に入る/林照江

干柿を噛みつつ長きトンネルよ/岸本尚毅

発酵のつづく根雪もトンネルも/櫂未知子

若萩トンネル快気先生通したり/石川桂郎

軟着感トンネルの中じゆう続く/金子兜太

トンネルを出れば今庄柿の秋/小松越幽子

三年間トンネルといふ答辞かな/辻田克巳

俳句例:21句目~

トンネルの両端の十三夜かな/正木ゆう子

下り簗つぎつぎ車窓又トンネル/高濱年尾

啓蟄やトンネルを出て海明るし/田畑牛歩

妻はばたく花のトンネル潜り来て/益田清

トンネルの車内家めく燈下涼し/香西照雄

嵐の日内側は耐へ桜トンネル/田川飛旅子

この下にトンネルのある野菊かな/池田澄子

もてなしにトンネル内の氷柱見す/右城暮石

わが立つ丘の下はトンネル万愚節/中村明子

トンネルがとても長くて蜜柑むく/千原草之

トンネルに入りて秋暑の肌冷やす/青木重行

トンネルに耳のつまりし帰省かな/森川光郎

トンネルの出口かつと日の照青芒/北原白秋

トンネルを出てしろがねの蝉時雨/五島高資

トンネルを出て信濃町梅雨霽るる/永井龍男

トンネルを出るたびに溪春浅し/八木林之助

梅見にゆく小トンネルの闇を抜け/津田清子

トンネルを抜けてトンネル冬の山/名島恵子

萩のトンネル月光の透く黒い籠/文挟夫佐恵

トンネルが奪う日本海上の星一粒/林田紀音夫

俳句例:41句目~

トンネルをいでゝ遽かに秋の暮/久保田万太郎

トンネルを出づればたちまち雪の国/田中冬二

吹雲立ちトンネル口の燈をうばふ/石橋辰之助

萩のトンネル白足袋の母に蹤きゆきぬ/杉本寛

息つめて萩のトンネルくぐりけり/戸田富美子

トンネルのブーゲンビレアや鉄の柵/石川真紀乃

トンネルの壁濡れていた/ひと言二言/沙羅冬笛

トンネルを出し汽車雉子を飛び立たす/右城暮石

吹雪く戸のくらくトンネル煌々たり/石橋辰之助

萩のトンネル誰かれの忌を思ひをり/鍵和田ゆう子

トンネル出たての道やはらかし霧甘し/平井さち子

薔薇のトンネルかく馨しき日のありし/鍵和田ゆう子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました