海上を使用した俳句

海上に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

海上を含む俳句例

海上も静に並ぶ鯖火かな/橘中

茜雲架け海上に花火待つ/原裕

年歩む海上にたつ日の柱/原裕

神が来し海上の道岬椿/本井英

海上を一路利尻へ春鴎/高澤良一

海上に利尻全容霞切れ/高澤良一

海上に月落ちかかる盆踊/三好曲

千葉県海上郡初日かな/小杉余子

胸先は朝の海上蜜柑切る/小田亨

海上を驟雨きらきら玉椿/岸本尚毅

海上も一寸の春豆の花/百合山羽公

海上の日を満面に雪解瀧/松村蒼石

引鴨の海上に噴く夜の雲/巌谷小波

海上の大夕焼や施餓鬼船/村上鬼城

海上に富士より高き雲の峯/島村正

戦あとひそめ狂へり秋の海/上村占

沖膾海上に酢の匂ふまで/野村喜舟

海上に朝の道あり桑解かれ/櫻井博道

海上に現じ不夜城烏賊釣火/鷹羽狩行

海上に自愛の日傘白く張る/津田清子

俳句例:21句目~

海上に蔓揺れてゐる昼目覚/大屋達治

海上に驟雨の虹や鱚を釣る/鈴木花蓑

海上の鳶吹き落とす五月寒/高澤良一

海上を高く日がゆく金盞花/和知喜八

初東風や安房海上に茜富士/巌谷小波

一枚の戸板に乗って秋の海/上垣禾青

海上に一夜かぎりの春の星/和知喜八

海上に出づ鰯雲ことごとく/大野林火

海上に夏の日がある鼈甲店/五島高資

海上に夕焼屈み込むやうに/高澤良一

うらうらと海上三里接木かな/宇佐美目

のんのんと海上に出る春の雲/高澤良一

まら振り洗う裸海上労働済む/金子兜太

海上に街道のあり鳥賊火點け/山口誓子

海上のまどろみゐたる牡丹かな/中田剛

海上に朝の満ちあり桑解かれ/桜井博道

海上の日ざし斜めや冬座敷/大須賀乙字

海上に星らんらんと曼珠沙華/山口誓子

海上の楕円なる日と木の葉かな/中田剛

海上に霞める利尻その内着く/高澤良一

俳句例:41句目~

海上へ出てまつすぐに恵方道/高橋悦男

海上に日がとろ~と若布干す/八木斌月

海上に唐鶸の岬わたしけり/猪俣千代子

海上につよき一星メロン冷ゆ/高澤良一

海上にあり秋思また大いなり/中村明子

海上はひかりてましろ桜東風/茨木和生

海上郡花野の続き海がある/安良岡幹夫

影しるき鳩寄る海上都市の春/花谷和子

紙面一葉忌と海上都市のこと/須川洋子

子が提げて海上に鳴くきりぎりす/林翔

鯖火まで海上遮るものもなし/岩根冬青

バナナ食ぶ月海上に泛びけり/河村すみ子

初弥撒の海上にゐて十字切る/中戸川朝人

海上に風の筋見え石蓴採り/鍵和田ゆう子

海上を往く太陽にオリーブ咲く/三好潤子

太陽上る五月黄金のエーゲ海/上野さち子

鈴を落さず海上わたる渡り鳥/磯貝碧蹄館

すみに澄む旱の海上にみどりご/八木原祐計

たそがれやくらげは睦むアラフラ海/上田玄

海上の一燈サタンの眼は捨てゆく/八木三日女

俳句例:61句目~

海上の如くに灯蛾も来ぬ四五夜/中村草田男「来し方行方」

タイトルとURLをコピーしました