天皇を使用した俳句

天皇に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

天皇を含む俳句例

直立の天皇一家松に雪/鈴木節子

桜蓼神武天皇舟出の地/高澤良一

天皇と皇后のゐる終戦日/齋藤美規

妻と摘む薺や推古天皇陵/内田鴨川

日あたりて天皇陵裏葱畑/大石悦子

鰯の海赭く天皇立ち給ふ/萩原麦草

天皇に苗字はなけれ蟾蜍/望月秀子

天皇を風葬の山初日差す/茨木和生

天皇の島を敬ひ磯菜摘む/稲田眸子

天皇の御下賜標本錆海星/高澤良一

花菜そこに神武天皇祭の波/原月舟

夜振舟天皇淵に進め来し/茨木和生

天皇の道筋といふ稲架の刻/萩原麦草

うつ然と天皇の日の竹百幹/森田詩耕

天皇は那須に座しぬ震災忌/藤田湘子

天皇も守れる朝の味噌加減/大井恒行

天皇も老斑持たす桜かな/田川飛旅子

天皇陵寒の赤松伐られあり/大石悦子

天皇と芒を活ける仏間かな/齋藤愼爾

捨團扇鳳となる夜の樽天皇/正岡子規

俳句例:21句目~

白や神武天皇召されつらん/渡邊水巴

継体天皇大頭なり雪積もり/松山足羽

芋の袒神武天皇の頃とかよ/会津八一

蚯蚓の屍の黒き一寸天皇史/齋藤愼爾

天皇に口あいてゐる鵙の贄/萩原麦草

天皇のお声は静か敗戦忌/武原はん女

天皇の日蛙小さき声たつる/巌谷小波

天皇の白髪にこそ夏の月/宇多喜代子

天皇の蜜柑を喰める獄の中/角川春樹

天皇の誕生日なり土鍋して/黒田杏子

あずまやに泣く天皇も信天翁/安井浩司

値段立つ繭天皇の祭かな/菅原師竹句集

内裏雛人形天皇の御宇とかや/松尾芭蕉

志賀や昔天智天皇船あそび/阿波野青畝

天皇の桜咲きにけり護り成る/渡邊水巴

天皇の日や少年は樹を降りず/菅原鬨也

天皇の日の晴天の椅子に在り/本橋如峰

歌会始目つむり給ひ天皇は/大井戸千代

継体天皇杖に立ちまし山笑ふ/松山足羽

天皇へ旗振りにゆく刈田かな/神/庸子

俳句例:41句目~

目刺反る天皇の日の患者食/山田ひろむ

秋天が咳する煮干しか天皇か/坪内稔典

天皇の日の納豆を溶いてをり/加藤冬人

鵯鳴いて神武天皇祀りけり/甲斐多津雄

妻に来て天皇に来て誕生日/松倉ゆずる

天皇の御船路なる後の月/長谷川かな女

すかんぽや天皇陵に衛士ひとり/松田紀子

七夕や天皇の御名を書しまつる/山口誓子

人間天皇空に凧が上っています/内田南草

壁の貼絵は天皇一家芽独活煮る/松村蒼石

天皇の日のたんぽぽの座に憩ふ/田村了咲

後水尾天皇を恋へば石蕗咲けり/丸山哲郎

読まれざる天皇私記や雨期長し/大井恒行

天皇に家のありけり水草生ふ/鳥居真理子

生涯寒し天皇の喪に逢ふことも/細川加賀

天の川のもとに天智天皇と虚子と/高浜虚子

歴代天皇暗誦きそふ揚げひばり/鳥居美智子

稲架を組むうしろに推古天皇陵/石垣青☆子

飢と寒さ天皇は汝にありといえど/古沢太穂

桓武天皇御座しまし桜枝垂れあひぬ/渡邊水巴

俳句例:61句目~

冬到る松小松うごかない桓武天皇様御陵/中塚一碧樓

大旱天智天皇の「秋の田」も/川端茅舎「川端茅舎句集」

タイトルとURLをコピーしました