単車を使用した俳句

単車に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

単車を含む俳句例

単車降り少年となる裘/木暮つとむ

単車来て朝刊が来て終戦日/小川小春

二人乗り単車あつまる雛の夜/攝津幸彦

相乗りの単車疾駆す神無月/武田日出夫

ただ夏星単車の友の背も消えて/友岡子郷

木枯を吾子は単車で帰るはず/木暮つとむ

来島海峡単車で飛ばす半ズボン/高澤良一

しまなみ海道飛ばす単車に花菜の黄/高澤良一

野火げむり駆けぬけ郵便単車の朱/平井さち子

タイトルとURLをコピーしました