手の内を使用した俳句

手の内に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

手の内を含む俳句例

一輪は誰か手の内に帰り花/曲翠

手の内に蛍つめたき光かな/正岡子規

手の内の町変りたる薄暑かな/石川桂郎

手の内は夏手袋に秘めしまま/木寺仙游

手の内を中々見せぬつくね芋/伊藤浩子

一陽来復手の内の息あたたかし/永方裕子

手の内をあかすが如く花火爆ぜ/高澤良一

啄木鳥に手の内見透かされにけり/西尾真紀

手の内にほきほきと折る苧殻かな/南上北人

手の内は小出しにします七変化/大城あつ子

手の内をいくつも見せぬ春の地震/攝津幸彦

タイトルとURLをコピーしました