潮焼けを使用した俳句

潮焼けに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

潮焼けを含む俳句例

祭面取り潮焼の顔ばかり/橋本榮治

潮焼の男ばかりの踊かな/梶山さなゑ

今年竹すでに潮焼け安房の国/大屋達治

汐焼けの膚のしまりや夜の秋/太田鴻村

潮焼の少女に初潮来たりけり/角川春樹

潮焼の漁夫の太腕茅の輪結ふ/松本幹雄

老人がゐて汐焼の猫じやらし/細川加賀

苦笑して潮焼け妻を眺めをり/鈴木鷹夫

鰺を釣り鼻の先だけ潮焼けす/鈴木詮子

潮焼けのぎしぎしの花城ヶ島/小山今朝泉

潮焼けの面ひとしき双子かな/五十嵐播水

潮焼にねむれず炎えて男の眼/能村登四郎

食ひしばる歯を大切に潮焼けし/能村研三

シヤーベツト潮焼のかひなあらはなる/原田種茅

応召者の子で棒切れの銃で潮焼けしてる/清内路二

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました