騒音を使用した俳句

騒音に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

騒音を含む俳句例

公園の緑陰街騒音縦横/高澤良一

騒音は稲を刈る音峡部落/関秀子

七五三公耳へ騒音私耳へ鈴/香西照雄

白桃のうす紙の外の街騒音/野澤節子

長子生れ耳の中まで光る騒音/市原正直

騒音のひたと止みたる桐の花/村上澄子

麦を打つ騒音の中の農婦の死/萩原麦草

朝からの騒音へ長い橋かかる/種田山頭火

咳きこむあと他人の騒音にやはらげられ/竹中宏

ごみ車ひく白馬のたてがみを騒音が追いかける/吉岡禅寺洞

街の騒音から太陽が沈もうとする大きいしじまだ/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました