一言を使用した俳句

一言に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一言を含む俳句例

雑木林年賀一言笛となる/寒々

冷やかにただ一言の美しき/鶏二

一言で荒れる唇寒の水/高澤晶子

葛城の一言主の冬の雷/有馬朗人

あれませる一言主や大嚏/五島高資

一言も言はぬ貫禄生身魂/八木くに

猫柳一言云ひて皆触るる/高澤良一

添水鳴る一言主は醜の神/越智/郁

毛虫行く一言主の神の前/石野冬青

桔梗や死に一言の暇なし/長谷川櫂

怖れ入る君の一言燗熱し/高澤良一

一言に三日狂ひぬ秋の蝿/竹貫示虹

口下手の夫の一言初鏡/早乙女成子

一言の願ひも持たず初詣/塩川雄三

久闊の一言加え賀状書く/村井杜子

一言は伊吹の雪を寒見舞/松瀬青々

葛城の一言さんも眠りしか/稲岡長

百姓の一言返事地虫出づ/米沢吾亦紅

滝へ向く一言観音日の一条/岩崎波久

かき氷父が一言ほめしこと/松永晃芳

俳句例:21句目~

渡り鳥一言いえぬ問診に/相原左義長

亀鳴くや昼を居眠る一言主/佐野美智

ぴしと一言雪に研がれし心もて/林翔

わが職をうばふ一言雪の果/天野松峨

干草を踏んで一言主拝む/前田野生子

事なきと医師の一言天高し/高橋多賀

一言の忘れ扇に及ぶなき/島村元句集

一言の真意に崩る冬さうび/古市絵未

一言もなく詫びてとく懐手/下村梅子

露けさや男の否は一言に/櫛原希伊子

一言はかヘじ清水の如きあり/松瀬青々

一言を抑え切れずに隙間風/栗山美津子

一言主雪を蹴立てゝ雪を蹴て/横山白虹

冬の虫言はぬ一言とはに生く/加藤楸邨

冷酒や一言の悔いひきずりて/金子豊子

春暁やまだ一言ももの言はず/倉田紘文

桜落葉と一言仰ぎ農俳人/阿部みどり女

歯朶枯るゝ一言主の宮ほとり/岡本松浜

紅梅に侍りて一言あるべきか/高澤良一

背筋冷ゆ一言波郷死すと嗚呼/石塚友二

俳句例:41句目~

うそ寒や一言居士の疎まれし/平井節子

一言で癌と告げられ躑躅燃ゆ/高澤良一

蝶涼し一言主の嶺を駈くる/阿波野青畝

よしといふ一言の神辛夷咲く/矢島渚男

一言に誘はれつぎて笑ひ初め/遠藤はつ

月光の身に一言の叱咤もなし/橋本美代子

木瓜あかし一言に足る母の愛/高木美紗子

一人居の蚊にも一言かけにけり/彦坂麻子

つきまとふ死者の一言寒肥す/鈴木六林男

おそくなる賀状に一言詫を添へ/門前克子

章ふるまひ一言一句漁婦したし/古館曹人

問はれれば一言応ふこと涼し/上野さち子

一言が多い雪だるまから溶ける/斎須信子

一言主に長々申し凍みにけり/松崎鉄之介

願ひまゐらす一言様に鳥総松/沼尻巳津子

一言の冷たかりけりいつまでも/深見けん二

おおつという夫の一言蕗味噌ぞ/上條たかこ

うどんげや祖母の一言今もなほ/神山喜美代

さくらんぼ一言いへばみんな言ふ/平渡藻香

征つて来ますと一言青葉風あり/秋山秋紅蓼

俳句例:61句目~

身に入みるてふ一言をききにけり/橋本鶏二

防風つみ風に一言ききもらし/阿部みどり女

曲げられぬ男子の一言けんぽなし/高澤良一

われにある虚子の一言虚子忌かな/新田千鶴子

ごめんなさいの一言いえず花八ッ手/野村トミ子

医師の一言われを起たしめ曼珠沙華/阿部みどり女

吹雪の中戻りしためによき一言妻より生る/橋本夢道

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました