神火を使用した俳句

神火に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

神火を含む俳句例

凍む国の神火をきりし火燧臼/下田稔

御神火の椿の島を恵方とす/原田青児

御神火や闇のほどけて山椿/中山純子

搗布焚く神火の島の礁波/小田中柑子

御神火の火屑掃き寄す繞道祭/村上冬燕

御神火の燃えをり天の川の涯/石塚友二

黄落やきりきり臼に神火生む/巌谷小波

ご神火は太古の闇を連れて来し/大谷早苗

天日を蔽ふ御神火や蜜柑むく/佐野青陽人

御神火へ嘴下げて辞儀初嘘鳥/平井さち子

神火ゆく田の薄氷に火屑とび/民井とほる

青東風の塵をとどめず神火もゆ/古舘曹人

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました