炎上を使用した俳句

炎上に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

炎上を含む俳句例

南無本願寺炎上震災忌/松村蒼石

本能寺炎上漆紅葉かな/木田千女

本願寺南無炎上震災忌/松村蒼石

大伽藍炎上の跡百日紅/広瀬直人

柔かき草柔かき炎上げ/高野素十

嬬恋の牛つやつやと炎上ぐ/原裕

釜下ろす炎上りぬ梅の茶屋/森田峠

薄氷を心礎に塔の炎上記/桂樟蹊子

緑立つ寂光院の炎上す/梶山千鶴子

炎上の雪空に舞ふ鴉かな/橋本鶏二

炎上の柱は空し芋の葉に/古舘曹人

炎上の弥陀萍を照らしけん/橋石和栲

一切経炎上したる冬紅葉/加倉井秋を

炎上の水の鳥居を拝しけり/黒田杏子

炎上の芦火の中に芦はなし/平畑静塔

夕顔の咲く家しずかに炎上し/穴井太

苦界てふ吉原の櫻の炎上す/筑紫磐井

牡丹焚く逢魔が刻の炎上げ/鈴木鷹夫

鵜篝の早瀬を過ぐる大炎上/山口誓子

炎上のあとを止めて夏木立/高野素十

俳句例:21句目~

鷹の眼に雲の炎上はじまれり/朔多恭

大稲架の怒り叫びて炎上す/百合山羽公

干梅を壷中に阿鼻の炎上ぐ/櫛原希伊子

炎上をまぬがれたまひ出開帳/清原枴童

炎上を過去に金閣かぎろへる/今井妙子

炎上の城おもひゐる弥生かな/保坂敏子

狐火が火元か羽子板市炎上/鳥居美智子

時計塔炎上の舌雲に吸われ/八木三日女

安土炎上の日も葭あをあをと/橋本榮治

日当りて厄塚のまた炎上ぐ/山崎みのる

炎上の中にも半跏思惟せしか/和田悟朗

冬至の日炎上つくしたれば落つ/井沢正江

流燈の炎上もまたよしとせむ/加藤三七子

砂漠に一滴目薬落ちて炎上す/八木三日女

金閣炎上知らぬ子と立ち大文字/桂樟蹊子

手を左右にひろげし僧に炎上す/橋本鶏二

みたらしに炎上の火のうつるなり/橋本鶏二

炎上を見かへりながら逃ぐるかな/高浜虚子

火蛾なだれくる炎上の古志の谷/佐怒賀正美

焚火の炎上げて二日の富士見ゆる/石田郷子

俳句例:41句目~

夕焼いま炎上のごと法隆寺/塚原岬「鶴俳句選集」

タイトルとURLをコピーしました