爪先を使用した俳句

爪先に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

爪先を含む俳句例

街並は爪先上り夏燕/山田弘子

爪先で進み退く阿波踊/山口誓子

漆工の爪先黒し初仕事/漆谷豊信

爪先で歩く回廊忘れ雪/飯田克子

白樺の爪先立ちて初嵐/片山由美子

爪先で蟻一匹を惑はしぬ/岡田史乃

蜜柑剥く爪先黄なり冬籠/正岡子規

蕗の薹靴の爪先傷つけて/岡田史乃

初花へ爪先だちて吉野の子/中田剛

春泥や爪先で訪ふ母校跡/小原良枝

鶺鴒の爪先歩きとは美し/堀部克己

花風を踊る爪先き月の波/細見綾子

浮袋爪先立つて波を待つ/行方克巳

爪先に力の入り浴衣の子/西部通子

爪先まで憩う緑陰札所かな/宮田頼行

爪先で海底歩くひとりとなり/稲葉直

ナースらの爪先走り聖五月/村越化石

蜜柑山母呼ぶ爪先あがりの道/中拓夫

爪先に日をのせ歩む待降節/岡田理子

爪先の凍れる九品浄土かな/川崎展宏

俳句例:21句目~

爪先の菫が消えて眠りくる/和知喜八

空蝉の爪先少し焦げてをり/高澤良一

花栗や爪先立ちて夢の道/磯貝碧蹄館

足袋堅く爪先へ気や初点前/牧野寥々

庭下駄の爪先濡れて花茗荷/竹田青雨

日豊線爪先立ちに曼珠沙華/高澤良一

春ごろも女は爪先まで粧ひ/青野/卯

里の子の爪先立ちて甘茶佛/高澤良一

棗熟れ爪先上がりに妻籠宿/高際君子

歩一歩爪先しづむ鰯引き/山崎冨美子

白足袋の爪先の春待つごとし/影島智子

ゴム長の爪先じめり牛蒡引く/桜井格城

余寒なほ爪先にあり厨ごと/岡田かず子

内裏雛爪先立ちて飾りをり/佐藤美恵子

爪先のくらさ遠景冬木燃ゆ/柴田白葉女

寒垢離の爪先立ちは女人なる/倉橋羊村

毛糸編む爪先で楽踏んでをり/行方克巳

寝ころびし爪先にはね秋の風/皆吉爽雨

桃の枝爪先立ちて剪り落とす/西村和子

夫の墓洗ふ爪先立ちをして/前田佐吉子

俳句例:41句目~

爪先がいかにも花冷らしき人/野口嘉子

邯鄲をきく爪先に身を乗せし/岡田和子

爪先を揃へて春の靴おろす/正木ゆう子

爪先を跳ねるきちきち一遍忌/川崎妙子

爪先上りの草の乏しく栗の毬/原田種茅

爪先に富士の聳ゆる籐寝椅子/竹本素六

闇の端に爪先立ちて鬼やらふ/吉田銀葉

白靴の爪先海へ向けて脱ぐ/猿橋統流子

爪先にとどく潮騒籐寝椅子/片山由美子

白鳥を迎ふどの子も爪先立ち/太田土男

寒波来てつま先ばかり見て歩く/赤尾恵以

山に没日爪先立ちに稲架高し/中戸川朝人

爪先に懐炉を入れてハイヒール/相馬沙緻

爪先より夢に入りゆく湯婆かな/永方裕子

爪先のわらじ出過ぎてわかれ霜/中川四明

花野ゆく爪先ふつと暗くなる/鷲谷七菜子

爪先の見ゆるカンナを狙撃せよ/攝津幸彦

重ね着の爪先にまで及びけり/蓬田紀枝子

枯どきが来て男枯る爪先まで/能村登四郎

うそ寒の爪先に落ち真赤な葉/鷲谷七菜子

俳句例:61句目~

暖房車爪先触れてチェロ/ケース/鈴木栄子

冬くる護岸学びとるもの爪先から/磯貝碧蹄館

白足袋の爪先そろへて御仏がくらい/大橋裸木

裸子の爪先だちに仏間過ぐ/山上樹実雄「白蔵」

爪先の冷たしといふ野分哉/一茶/文化元年甲子

タイトルとURLをコピーしました