五十を使用した俳句

五十に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

五十を含む俳句例

秋袷袖の道行き五十肩/安西篤

男享年五十六業平忌/川崎展宏

五十聟天窓をかくす扇かな/一茶

わが声の五十となりぬ凧/藤田湘子

五十回春来て鏡囲いの朝/池田澄子

外套や或日物憂き五十肩/石塚友二

鶯餅五十がらみの男買ふ/高澤良一

蝿叩五十迎ふる顔なるか/清水基吉

だんだんに五十五才へ青瓢/斉藤夏風

弥生尽齢五十の膝の接ぎ/米沢吾亦紅

二十の恋五十の恋や花大根/石塚友二

麦酒つぐや胸中の子も齢五十/及川貞

橋上を橋下を燕五十過ぐ/松倉ゆずる

五十まで母もつ人ぞ花の春/松岡青蘿

巴旦杏掌中にして五十過ぐ/岸風三楼

薺粥妻も五十になりにけり/西本一都

五十なほ待つ心あり髪洗ふ/大石悦子

五十来る春の炬燵に足太り/菖蒲あや

五十猛の葛の花噛む女かな/夏石番矢

春日傘ひらいて五十妻若し/清水基吉

俳句例:21句目~

花茣蓙や五十の膝を母の前/細川加賀

齢して五十の姉や暑気中り/石塚友二

鉄線花汀女も五十過ぎにけり/岸風三樓

雛の宴五十の内侍酔はれけり/五車反古

五十とはあまりに若しそゞろ寒/林香翠

五十にして冬籠りさへならぬなり/一茶

五十までは数へて凍てぬ石仏/鈴木鷹夫

五十より始むる起算葱の花/磯貝碧蹄館

五十過ぎても男力や鏡割る/下村ひろし

山の胡桃抱へて厚着五十なる/村越化石

師は逝けり霜の春秋五十七/山田みづえ

生姜湯や生きて五十の咽喉仏/石塚友二

瞑るや春日飛びつく五十の膝/小林康治

稲刈の疲れによろけまだ五十/大熊輝一

落葉踏み五十の齢を知らされぬ/杉本寛

われ五十色わけて咲く更紗ぼけ/巌谷小波

四捨五入すれば五十と餅を焼く/星野立子

年五十蜻蛉つりしことを思ふ哉/正岡子規

破魔矢さす襟や五十の恋いかに/小林康治

空をゆく花びら五十さびしきか/黒田杏子

俳句例:41句目~

人並になりし五十の鮟鱇鍋/長谷川かな女

栗めしを食べ五十五の児の如し/辻田克巳

蒲団の重さ天井の低さ五十腕に/原田種茅

五十九のわれにおどろく菊根分/黒田杏子

蜘蛛の囲に頭つきさし五十過ぐ/岸風三樓

背合せに妻と刈る萩五十過ぐ/池月一陽子

隙間風五十腕置くに膝よりなし/原田種茅

残る暑や五十の吾の父母かなし/相馬遷子

頭を振れどつひに五十の秋の雲/相馬遷子

身を以て五十の冷えを肯へる/石田あき子

あつけなく五十を過ぎし雲の峰/小島千架子

毛虫焼くや五十の恥をさらさむと/皆川白陀

四十手も病みき五十手の今年かな/久米正雄

柚子咲くや五十の我を父知らず/片山由美子

冬あたたか五十のわれに母在れば/大野林火

薔薇抱きて微笑パイヤールは五十/鈴木鷹夫

年の瀬や五十の瀬戸も越えまさず/石塚友二

障子閉ぢて一家の長よ五十はや/猿橋統流子

猪鍋つつくづんべらぼうの五十かな/吉田未灰

五十にて九年母みたり母こほしく/日夏耿之介

俳句例:61句目~

五十とや白息吐いてきよろきよろす/石塚友二

五十にならばせうとせしこと小鳥来る/大石悦子

利休梅五十はつねの齢ならず/石田波郷「酒中花」

タイトルとURLをコピーしました