丸薬を使用した俳句

丸薬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

丸薬を含む俳句例

丸薬の丸盆赤し郭公/浜田酒堂

新涼の掌に丸薬は二つ置く/旭

丸薬をこぼすや深き霧の中/石寒太

丸薬をこぼす家長に梅匂う/仁平勝

受験期や丸薬咽喉に滞る/奈良文夫

大粒の丸薬飲みて喉涼し/会津八一

残菊に丸薬を干す小縁かな/巌谷小波

丸薬もお灸も効かず水中り/岸本真智子

丸薬に清水をむすぶ道のほとり/正岡子規

合歓茶屋の亭主甘い丸薬呉れて/中塚一碧樓

丸薬呑みくらがりからくらがりへ歩く/上月章

丸薬のこまかい音が夜更の畳に散らばる/大橋裸木

旅がまだ長い夜汽車で丸薬をたべてゐる/栗林一石路

タイトルとURLをコピーしました