胡座を使用した俳句

胡座に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

胡座を含む俳句例

年男胡坐して謡一番す/大野洒竹

蚤ひろふ猿の胡座や苔の花/蓼太

三が日過ぎぬ胡坐にとろろ汁/寥松

あぐらかく者に満つ汗蟇/赤尾兜子

大いなる父の胡座や簟/ほんだゆき

胡座かき古本整理鰻の日/高澤良一

愛欲の男再び胡座かく/武馬久仁裕

湯豆腐に五人男の胡座哉/大野洒竹

大寒のあぐら深組み漆工婦/井上雪

茹栗や胡坐巧者なちひさい子/一茶

胡座かく大安楽や榾の主/玉越琅々

大胡座かいて七草爪を切る/加古宗也

学問の胡坐の膝の子猫かな/日野草城

郭公に崩れし胡座かき直す/西島輝治

星ながれ胡座のなかに赤ん坊/中田剛

男なれば胡坐かきたり花の寺/松本旭

裸体なる先生胡坐す水泳所/夏目漱石

三伏や酒なくて胡座整はず/河野南畦

孫抱いて喜雨の百姓大胡坐/橋本鶏二

塵一つ掃かずに胡坐仕丁雛/坂井愛子

俳句例:21句目~

黴の中業の筆執るあぐら組む/清水基吉

一尺の子があぐらかくゐろりかな/一茶

胡座して大きく使ふ渋団扇/小原菁々子

胡座かく我と閻魔の蟋蟀と/佐々木六戈

焼酎に胸骨枯れてあぐら組む/佐藤鬼房

老杣のあぐらにくらき蚊遣かな/原石鼎

秋寒く胡坐をかくと倒れさう/桑原三郎

打よりて時雨顔なる胡坐かな/角田竹冷

晩涼や胡坐くみたる磯がしら/野村泊月

永き日を胡座かきたる羅漢哉/正岡子規

夕涼や灯をともさゝる高胡坐/尾崎紅葉

古寺の燠おとろふる胡座かな/攝津幸彦

藪入の胡坐をかいて見たる哉/角田竹冷

蚊遣して松を愛する胡座かな/尾崎紅葉

裸子の胡坐父よりすでに不敵/花田春兆

趺坐半時胡坐半日や冬こもり/小杉余子

あぐらせる雛の足の白さかな/佐久間法師

菖蒲湯を出て来て父も子も胡座/稲田眸子

をのこ子の小さきあぐら年新た/成田千空

上元や膚てらてらと胡座羅漢/下村ひろし

俳句例:41句目~

炉主のあぐらの中に寝落ちし子/鈴木貞二

網つくろう胡座どつかと春の浜/西東三鬼

磐石にあぐら居の詩碑夏落葉/下村ひろし

端午くる胡座の底の好きな嬰よ/吉田紫乃

花しきみあぐら童子が笛吹く図/古沢太穂

寒雀われ胡坐居に倦むことなし/山口草堂

朝餉待つ胡坐に吾子とぬくみ育てつ/篠原

妻の座に胡坐かきたる余寒かな/片山依子

胡座かき蜥蜴はこうもり安のさま/高澤良一

げんげ田は父の胡坐に入るごとし/影島智子

胡座を組み楽人の面朧ろなり/長谷川かな女

胡座かきそこに居座るどっこい暑/高澤良一

踊らぬと決めてかかりし胡座かな/山田弘子

音羽屋の派手なあぐらも初芝居/岩坂満寿枝

あぐらかく少女に夏炉燃えはじむ/加藤三七子

女塗師素足の胡座組み直す/千田一路「波状」

富士講の御師の胡座やあをふくべ/若山すみ江

四萬六千日あぐらずわりに六区の猫/上井正司

胡座かくわれと閻魔のこほろぎと/佐々木六戈

煮立ちきて河豚鍋あぐら組みなほし/大江行雄

俳句例:61句目~

湯豆腐をすくひてすでにあぐらかな/仙田洋子

あぐらゐのかぼちやと我も一箇かな/三橋敏雄

簀戸のあけくれのあぐらの低さあはれむ/喜谷六花

涼しさにミダ同躰のあぐら哉/一茶/文政元年戊寅

タイトルとURLをコピーしました