点火を使用した俳句

点火に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

点火を含む俳句例

棺点火たちまち縮む未亡人/丸岡忍

バス着けば点火一斉牡丹鍋/山縣輝夫

大文字点火を待てる川の音/阪田昭風

ぱつと顔浮きたつ点火火吹竹/岡崎桂子

杉の葉の火もて炭窯点火せり/加藤照枝

松明の点火を告ぐる鐘おぼろ/宮岡照子

百八たい点火待つ闇膨らめり/渡邉公子

百八燈点火待つ間に星揃ふ/加藤ふみえ

ちさき旅がまずみ点火して歩く/井口☆子

ぴよつと瓦斯点火この年を忘るゝ会/誓子

わが胸のほむら枯野に点火せむ/前山松花

燭火礼拝私語つつしみて点火待つ/長田等

点火待つ左義長注連をたなびかせ/関口祥子

タイトルとURLをコピーしました