阿弥陀仏を使用した俳句

阿弥陀仏に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

阿弥陀仏を含む俳句例

金輪際鵙が睨んで阿弥陀仏/松本旭

十夜過ぎ蔀戸深き阿弥陀仏/山下眞弓

春昼や内陣暗き阿弥陀仏/加藤多眠王

冬薔薇小さくおはす阿弥陀仏/川崎展宏

春愁や慈悲半眼の阿弥陀仏/町田しげき

春昼のまぶた重たき阿弥陀仏/矢神史子

秋心澄む妻へ慈眼の阿弥陀仏/橋本夢道

阿弥陀佛に残る金箔余花の里/川崎展宏

初燈明こぞりて九体阿弥陀仏/竹中碧水史

天に黄の枇杷や初老の阿弥陀仏/古舘曹人

春雨に籠る富貴寺の阿弥陀仏/前田貴美子

燃えつきるまでの西日を阿弥陀仏/井浪立葉

金色の黴を咲かせて阿弥陀仏/木内彰志「仏の座」

タイトルとURLをコピーしました