か黝しを使用した俳句

か黝しに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

か黝しを含む俳句例

八月の巖のか黝く東尋坊/高澤良一

日本の甍かぐろき文化の日/斎藤道子

星月夜かぐろく鳴るは狐川/巌谷小波

春月や室戸は沖のかぐろさよ/上村占

母奥に病むやかぐろきまで冬日/原裕

雪嶺の覗く苗代かぐろしや/石田波郷

人埋むる穴のかぐろき桜かな/橋本榮治

戦盲のかぐろき眼鏡ものを言う/三谷昭

日輪のかぐろきひかりお花畑/岡田日郎

花すももかぐろし風の小黒坂/恩田秀子

砂抱いてか黝き馬刀の虚せ貝/高澤良一

かぐろしや花茣蓙にゐる母の影/織部正子

初凪のかぐろき海に圧されゐる/伊東月草

十七夜水の宮こそかぐろしや/山田みづえ

新緑やかぐろき幹につらぬかれ/日野草城

月にさらす串蒟蒻のかぐろしや/巌谷小波

雨祈る火のかぐろくて盛夏かな/飯田蛇笏

すぐろ野を越え来し仏かぐろしや/巌谷小波

山椒の芽食べてかぐろき遊びする/中村苑子

聖金曜日かすむ浅間の裾かぐろく/後藤一朗

俳句例:21句目~

明けやすき列車かぐろく野をかぎる/巌谷小波

林檎真赤五つ寄すればかぐろきまで/野澤節子

降りそゝぐ雨にかぐろし蝌蚪の陣/高橋淡路女

タイトルとURLをコピーしました