竹の節を使用した俳句

竹の節に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

竹の節を含む俳句例

簗竹の節の揃はぬ盆休/綾部仁喜

短日や竹の節くれ盛と衰/河野多希女

竹の節二月の寺はただ寒き/大井雅人

若竹の節くつきりと道曲る/横田昌子

若竹の節の粉を噴く陶の里/堀北久子

久女去り虚子去り青き竹の節/平吹史子

啓蟄の地に置かれたる竹の節/伊藤敬子

啼く夜鷹若竹の節泛びけり/千代田葛彦

寒林の音のたまれる竹の節/長谷川草々

竹節虫の子や考ふる脚すでに/大石悦子

黒竹の節に日あたる葛湯かな/三木聆古

冬竹の節ことごとく粉を噴けり/原コウ子

天地凍て音の溜まれる竹の節/長谷川草々

竹節虫のことななふしにきくほかは/矢島渚男

タイトルとURLをコピーしました