時計塔を使用した俳句

時計塔に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

時計塔を含む俳句例

時計塔聖夜の雪を粧ひて/大東晶子

時計塔霞みつつ針濃ゆく指す/青邨

去年今年相あふ針の時計塔/大東晶子

時計塔西日真向ふ刻を指し/西村和子

秋晴や風失定まる時計塔/八木三日女

蹴球や冬天に見る時計塔/柴田白葉女

鴨の川の未明や獄の時計塔/松村蒼石

時計塔より春昼のオルゴール/高橋一東

時計塔炎上の舌雲に吸われ/八木三日女

時計塔立ちて萎えゆく苗木市/萩原麦草

時計塔見てゐてかげる霜の波/石原八束

時計塔青嵐湧きつ吹きわかる/桂樟蹊子

アカシアの花影揺るる時計塔/前田/白雨

蒸気時計塔噴く街頭音楽士弾く/伊丹公子

ロベリアの白をめぐらす時計塔/つじ加代子

タイトルとURLをコピーしました