喪中を使用した俳句

喪中に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

喪中を含む俳句例

結局は喪中も紺の冬衣/斉藤夏風

あぢさゐも喪中水面に映る窓/友岡子郷

喪中にてどこか怯えて夏装ふ/友岡子郷

恍惚と喪中を歩むなめくぢり/柿本多映

賀状書く喪中幾葉かへし読み/川畑火川

雪に見て喪中の山をしかと擁く/松澤昭

賀状書く友の喪中をかへし読み/豊田邦和

遠火事や喪中のはがき書き疲れ/鈴木鷹夫

青梅の目にぎつしりと喪中かな/細川加賀

あをあをと蕗の煮えたる喪中かな/細川加賀

喪中のひと蜂は気ままな明るさに/友岡子郷

赤い薔薇描き来喪中にかかはらず/後藤比奈夫

永久ノ喪中ノ毛ノ国ノ毛ノ山ノ毛ノ人/夏石番矢

「喪中欠礼」われの知らざる死者たちが訪いくる冬陽のあたたかき部屋/鈴木英子

タイトルとURLをコピーしました